街中で旅行気分…森の中にあるような「ぎゃらりぃかふぇ華野」

名古屋の繁華街、栄から名鉄瀬戸線で約20分の愛知県尾張旭市の街中に、まるで森の中にあるような古民家カフェを見つけた。

名鉄瀬戸線「尾張旭駅」から名古屋寄りに2つ目の「印旛駅」の南側。

尾張旭の街中にありながら、敷地に入っていくと、急に森の中の入り込んだような世界が広がっていた。

そこで見つけたのが「ぎゃらりぃかふぇ 華野(はなの)」。

古民家をカフェにした店内は、広々として落ち着いた空間になっている。

築90年の古民家は、元はオーナーの義理の両親の住まいだったとのこと。

それを20年前に改装して、今の形にした。

街中にありながら、ちょっとした旅行気分すら味わえそう。女性からの人気が高いようだ。

オススメは、女性に人気の「あんみつセット(864円)」。

やわらかめに作った寒天に、白玉・あんこ・抹茶蜜を合わせた。

舌で押しただけで崩れるほどの柔らかさで、抹茶の蜜もスッキリとした甘さ。

落ち着いた雰囲気の空間でいただくと、時が止まったようにも感じられ、長居するお客さんも多いとのこと。

オーナーの田中さんは、店を訪れて「元気になってかえっていただきたい」と話している。

(東海テレビ)