接近する過去最強クラスの台風10号

刻一刻と列島に近づく過去最強クラスの台風10号。
記録的な大雨や暴風・高波・高潮の恐れがあり、進路から遠く離れた所でも警戒が必要だ。

週明けにかけて九州や沖縄、奄美に接近する見込みの台風10号。
最大瞬間風速85メートルの暴風が吹くと予想されている。

ペットボトルがガラスを貫通。暴風の威力とは?

過去稀に見る暴風が吹き荒れると、何が起きるのか?

暴風で物が飛んできたときの威力を調べる実験映像。

風速65メートルの風が吹いた場合、窓ガラスに傘が当たるとガラスは粉々に。
風速約80メートルの場合、傘よりも軽いペットボトルがガラスに当たると、いとも簡単にガラスを貫通してしまった。

特に強風が吹き、危険なのは台風の右側だという。
台風の進路の右側は、台風自体を動かしている風と反時計回りに巻き込む風が、同じ方向で合体するので、風がさらに強くなる。

2019年9月に千葉を襲った台風15号。
最大瞬間風速57.5メートルを観測したが、進路の右側にあたる地域では、巨大な送電線が倒壊し、大規模な停電が2週間以上も続くなど、甚大な被害をもたらした。

三井気象予報士は台風10号について…

三井良浩 気象予報士:
九州や沖縄に接近するということですので、この暴風が最大瞬間風速で85メートル吹く。命を落としたりということが十分考えられるぐらいの風です。西日本の広い範囲で高潮・暴風と十分警戒をしていただきたいですし、高波にも警戒していただきたいと思います。

レストラン、学校など住民は台風の備えを進める

ハワイ料理を屋上のガーデンテラスで味わえる、東京・渋谷のカフェレストラン「カフェカイラ」でも警戒の動きが。
新型コロナウイルスの影響で、開放的なテラス席を利用する人が増えているというが、スタッフが気にしていたのは…

ーー何している?

カフェカイラ 責任者 糸川千洋さん:
雨雲レーダーで雨が降らないかチェックしています。

1時間に1回、天気予報を確認していた。

風や雨の影響を受けるテラス席では、強い風が吹くなど悪天候となった場合は案内を中止。
マニュアルを作成し、テーブルや椅子を壁際に固めておくなどの強風対策を徹底している。

カフェカイラ 責任者 糸川千洋さん:
台風とか強風が例年結構多くなってきていまして、会社といたしましても新しく台風マニュアルを作成した。台風が来てからでは遅いので、早めに強風になった時点で、テントは全てたたんでテーブルや椅子など全て飛ばないようにしています。

台風10号が近づいている沖縄・南大東島。
すでに堤防を覆うような非常に高い波が打ち付けているが、接近時には最大瞬間風速70~85mが予想されている。

約130人が通う南大東小中学校では、台風への備えが進んでいた。
子どもたちが朝早くから、校庭の備品を片付け、窓ガラスにテープを張る。

同じく、最大瞬間風速が70~85メートルと予想されている鹿児島・奄美大島でも、急ピッチで対策が進められていた。

スーパーの店内放送:
明日以降船便が欠航する見込みです。次回の入荷が9日の水曜日ごろになる予報です。

離島で物資の運搬が困難なため、食料品や日用品を求める住民の姿が。

長崎県や鹿児島県・和歌山県では、台風に備えたダムの事前放流が始まっている。

台風10号は、今後も勢力を増し、猛烈な勢力にまで発達する見込み。
5日の夜以降、特別警報級の勢力で沖縄に接近し、奄美から九州に接近または上陸する恐れがある。記録的な暴風や大雨・高波・高潮に最大級の警戒が必要だ。

(「Live News it!」9月4日放送分より)