「ホテルオークラ」の新ブランド「Nikko Style」とは…

高級ホテルの「The Okura Tokyo」などを展開する「ホテルオークラ」グループが、新ブランド「Nikko Style」を、2020年8月に名古屋にオープンさせる。このブランドの日本1号店だ。

過ごしやすい環境が魅力の「ライフスタイルホテル」

「ニッコースタイル名古屋」は、8月7日 名古屋市中村区名駅5丁目にオープン。
このブランドは、シンプルで機能的な客室、音楽やアート、そして地域の魅力や繋がりを感じることなどを重点に置く「ライフスタイルホテル」としていて、名古屋が日本1号店だ。

入口を入ると左手に広がるのは、宿泊客でなくとも無料で利用できるロビー。12人ほどが使える大きなテーブルに、ソファもある。

テーブルには電源やUSBポートもあり、ちょっとしたリモートワークやくつろぐのには最適。

隣にあるカフェ・バーで、コーヒーを買って飲みながら時間を過ごすことも…。

コーヒー先進国と呼ばれるデンマークで活躍したバリスタがブレンドした逸品を楽しむことができる。

居住性を追求…全ての客室が「正方形」

部屋はプレミア(1部屋あたり税込26000円~)、デラックス+(1部屋あたり税込24000円~)、デラックス(1部屋あたり税込22000円~)の3タイプがあるが、広さは全ておよそ30平方メートル。間取りを正方形にすることで居住性を追求し、過ごしやすい開放感がある。

名古屋の伝統工芸「有松絞り」のカバーを使ったクッションや、市内で3店舗を展開する「TRUNK COFFEE」とコラボした、このホテルオリジナルのコーヒーも用意されている。

2階にはフィットネスジムもあり、「毎日体を動かしたい」という人には便利だ。

ランニング、バイクマシン、ヨガマットにダンベル…と一式揃っているが、面白いのがランニングマシンなどについているモニター。

様々な国の街や自然の中を走っているかのような映像が流れたり、YouTubeなどの動画を見ながら運動も。

宿泊客なら24時間使うことができる。タオルや飲料水は常備されているが、シューズのレンタルサービスはない。
※利用は宿泊客のみ

レストランでは地産地消のメニューも

1階にあるレストランでは、地元の食材を使ったメニューも扱っている。

朝食では、スクランブルエッグに使われる卵が愛知県豊田市の養鶏場、パンは名古屋市守山区のベーカリー作られたものを使い、ランチセットでは「恵那とり」も。

また、トマトやハーブなども愛知で仕入れたものが使われている。

※現在は新型コロナウイルス対応のため、朝と昼のみの営業

「ニッコースタイル名古屋」は8月7日オープン。

(東海テレビ)