「Mining Furusato」では、広島県内にある23市町の町おこしなどの地域情報をお届けする。
今回ご紹介するのは西部、山口県との県境の町、大竹市。
大竹市企画財政課の武田宜裕さんに町の魅力を伺う。

――まず、大竹市の概要を教えてください

大竹市企画財政課・武田宜裕さん:
大竹市の人口は、約2万7000人で、面積は、約78平方kmです

宇宙ステーションのような工場地帯の夜景

ーー海辺のコンビナートというイメージがありますね

大竹市企画財政課・武田宜裕さん:
沿岸部は、瀬戸内地域で有数の臨海工業地区として知られています。特にオススメなのが、工場の夜景です。全国でもめずらしい、一般道のすぐそばに広がる工場夜景で、近くで見ると宇宙ステーションのようなたたずまいをしています。丘の上から見下ろせば、宝石を散りばめたようなきらびやかな世界が楽しめるんです

ーー夜景のスポットを調べる方法は?

大竹市企画財政課・武田宜裕さん:
大竹市のウェブサイトの観光・みどころスポットの中に「工場の夜景」のページがありますので参考になさってください

季節の幸が豊富

ーー続いての魅力は?

大竹市企画財政課・武田宜裕さん:
山あいの憩いスポット「マロンの里」です。大竹インターチェンジから車で、約30分の「栗谷町」はハイキングやキャンプ等で人気の三倉岳や川遊びで人気の蛇喰磐(じゃぐいいわ)など豊かな自然が広がっています

ーー栗谷町だけに栗が名物なんですか?

大竹市企画財政課・武田宜裕さん:
そうなんです。栗谷では、通常の栗より大きい「岸根栗(がんねぐり)」がつくられています。栗谷町にある「マロンの里交流館」では、新たな特産品として、岸根栗を使用したテリーヌを地元の皆さんが開発しました。このケーキは、大変好評で今シーズン分はすでに完売となりました

ーー続いては?

大竹市企画財政課・武田宜裕さん:
美味しい海の幸。阿多田島など沿岸部ではカキの養殖やハマチなど魚の養殖が盛んに行われています。阿多田島には、県内では珍しい海上釣堀があり、家族連れなどに人気です

大竹市企画財政課・武田宜裕さん:
そして、くば漁業協同組合では、毎月第3土曜日に「おおたけ水産GOGO市」が開催され好評です

ーー海の幸、山の幸、両方豊富ですね

老若男女楽しめる瀬戸内海に面した公園

大竹市企画財政課・武田宜裕さん:
さらに、家族連れの方にオススメのスポットがあります。それが、「晴海臨海公園」です。大竹インターチェンジから、約5分、瀬戸内海に面した広大な公園で、天然芝の球技場やテニスコートなどがあります

ーー大きな公園ですね

大竹市企画財政課・武田宜裕さん:
そうなんです。マツダスタジアム6個分の広さがあります。
そこで、問題です。
晴海臨海公園には大型遊具があります。その遊具は何をイメージしたものでしょうか?
A コンビナート
B 三倉岳

河野行恵アナウンサー:
コンビナートか三倉岳か…。どっちだろう

金田祐幸アナウンサー:
山にしようかな。三倉岳

大竹市企画財政課・武田宜裕さん:
正解は、Aのコンビナートでした。この大型遊具は「ロボボファクトリー」と名付けられ、高さ14m、幅48m。大竹市が誇る大規模な工場群をイメージし、ロボットの形をしています

大竹市企画財政課・武田宜裕さん:
そして、6月1日からは遊具広場の隣にデイキャンプ場がオープンしました。6人用のテーブルとベンチを備えた、サイトが10区画あり、ご家族やお友達同士でバーベキューを楽しむことができます

大竹市企画財政課・武田宜裕さん:
現在は、新型コロナ対策の為、5区画のみの利用など制限をさせていただいています。利用については大竹市のウェブサイトをご覧いただくか、晴海臨海公園管理棟にお問い合わせください

(テレビ新広島)