「能力の低下の自覚」「家族のすすめ」などから、運転免許を自主返納する高齢ドライバーも決して少なくはない。なぜ返納したのか、返納後の生活はどうなるのか、97歳の男が運転する車が暴走し6人が死傷する事故が起きた福島県で取材した。

97歳高齢での運転に疑問

福島県いわき市泉町に住む小野多喜子さん、88歳。自分より9歳年上の97歳の男が引き起こした、福島市の6人死傷事故に疑問を投げかける。

福島市・97歳運転暴走6人死傷事故(11月19日)
福島市・97歳運転暴走6人死傷事故(11月19日)
この記事の画像(9枚)

小野多喜子さん:ああいうの見ると、やっぱりもうそろそろ良いんじゃないって、友達と言っていますね。

運転技術には自信があり、過去に大きな事故は起こしたことがなかった小野さん。4年前、体力などの衰えは感じていなかったが、息子の妻・美保さんの「出かけるときは一緒に連れて行く」という言葉がきっかけとなり、50年間持っていた運転免許を返納した。

4年前に運転免許証を返納
4年前に運転免許証を返納

小野多喜子さん:もったいないなとは思ったけど、仕事にも行かなくなったし。やめてもしょうがないかなと思って、やめるようにしたんですよね。

しかし、その後 美保さんが病気で他界。返納していたことで、不便さや後悔を感じることもあったというが、今は徒歩で近くのスーパーなどに通っている。

小野多喜子さん:ここは割と近い方だから運動にもなるし、歩いてもいいかなとは今は思ってますけど。

返納後の生活は周囲のサポートが大切

一方、かかりつけの病院やコメなどの重いものを買うときは、友人や家族の力を借りることもあるという。返納後の生活には周囲のサポートも大切だと実感している。

小野多喜子さん:ああいう事故ばかり聞くので、いい時にやめたかなっていう思いでいますね。今はね。

歩いて外出できるようにするため、散歩などで日々体力づくりをしているという小野さん。今後は、運転経歴証明書によるタクシーの割引なども活用しながら生活していこうと考えている。

運転免許を返納した高齢者の移動支援

2022年8月に福島県本宮市で始まった実証運行「まちタク」

市役所や医療機関など指定の施設と自宅を行き来する際に、定額でタクシーを利用できるサービスだ。

増子タクシー・根本恵理子業務課長:病院に行くにしても、買い物に行くにしても、足が、無いと行けない所が多かったりするので。

メーター運賃に応じた3段階の定額料金が設定されていて、市が差額分を負担する。増子タクシーでは、1日平均15件ほどの利用者がいて、60代以上の方が約7割を占める。

溝井敏子さん:万が一事故なんか起こした時、困るなと思って、だったらタクシー使った方が楽だと思って。

溝井敏子さん(82)
溝井敏子さん(82)

免許返納してよかった

溝井敏子さん(82)は、銀行や買い物などで週に3回ほどまちタクを利用している。体調などに問題はないが、2022年5月に運転免許を返納した。福島市の死亡事故のニュースに触れて、その判断は間違っていなかったとも感じている。

まちタク利用者・溝井敏子さん:「ああいう風な事故を起こしたら気の毒でしょ。だからダメだって。私は(運転)終わらせて良かったなって思っています」

現在約600人が登録している「まちタク」

本宮市では、返納した人の日常生活を支えるための移動支援として、実証運行を最長で2023年3月31日まで継続する予定だ。

”自主返納者”は増加傾向

福島県・75歳以上の運転免許自主返納者数推移
福島県・75歳以上の運転免許自主返納者数推移

福島県の75歳以上の運転免許返納者数は、2012年は701人だったが年々増加し、2019年は過去最も多い5982人が返納した。

この年は東京・池袋で当時87歳の男が運転する車が暴走し、3歳の女の子と母親が亡くなる事故が起きていて、こうした状況も背景にあるとみられている。

返納を決断するためには、周りのサポートや交通手段の確保は欠かせない。

(福島テレビ)

記事 671 福島テレビ

福島の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。