長野市の「官庁街」にある焼き鳥店。店主は客から「おかあちゃん」と慕われる85歳の女性。亡き夫に代わって店を営み、変わりゆく街の中で、昔ながらのひと時を守っている。

官庁街にある焼き鳥店 85歳「おかあちゃん」が営む

焼き鳥店「平ちゃん」
焼き鳥店「平ちゃん」
この記事の画像(17枚)

赤ちょうちんにいざなわれ、のれんをくぐると…香ばしい焼き鳥の匂い。「ねぎま」に「つくね」、それに「もつ焼き」。

ここは長野市の県町通りにある焼き鳥店「平ちゃん」。一本西の県庁通りには県庁をはじめ、議員会館や裁判所、合同庁舎などがあり、一帯はいわば「官庁街」となっている。

「平ちゃん」の焼き鳥
「平ちゃん」の焼き鳥

店のあるじは八田シヅ子さん85歳。

常連客からは…

常連客:
(何と呼んでいる?)おかあちゃんですね

店主は八田シヅ子さん(85)
店主は八田シヅ子さん(85)

店主・八田シヅ子さん(85):
「おかあちゃん」と言われるんです。たまに「ばあやん」と言われるけど(笑)。(店名は?)主人の名前が「平治」という名前で、町の人に「平ちゃん、平ちゃん」と呼ばれていたから

「平ちゃん」のオープンは1977年。きっかけは夫・平治さんの「思いつき」だった。

店主・八田シヅ子さん(85):
昔は自転車店だったんです、ここは。主人が商店会の会合に出て、「通りに焼き鳥屋さんがあったら」という話になったのではと思うけど。「焼き鳥屋さん、やる」と言いだして、「えっ」と思ったんだけど

シヅ子さんが作る焼き鳥
シヅ子さんが作る焼き鳥

いきなり自転車店から焼き鳥店へ。シヅ子さんは、洋裁の仕事をしていて手先が器用だったことから「串打ち」を任せられた。手探りで始めた店だが、平治さんとの陽気な接客とシヅ子さんの作る焼き鳥で、徐々に客が増えてきた。

店主・八田シヅ子さん(85):
(どういう客が多かった?)やっぱり県職員、公務員の方

夫が亡くなったあとも…店を守り続けて

しかし、店がようやく軌道に乗り始めたとき…

店主・八田シヅ子さん(85):
私がそっちで串刺しして、主人は掃除してて、そしたら前にのめってきたから慌てて奥に入れて、その時はもうだめだった。脳内出血、一番太い管が切れちゃったんですって

オープンから7年目、平治さんが亡くなった。(享年52)

店主・八田シヅ子さん(85):
商売はどうしようと思いましたね…。半年、3カ月くらい、やらなかったかな。お客さんはいいお客さん、多かったね…。「がんばれや」と言われたのかな。その時、思い出すと…泣けちゃう

客の後押しもあり、以来、「平ちゃんのおかあちゃん」として店を守ってきた。
オープンから45年。県庁通りはさほど変わっていないが、店が多くあったかつての県町通りは大きく変わった。

店主・八田シヅ子さん(85):
その時(開店当初)はお店いっぱいありました。八百屋さんはあり、雑貨屋さんはあり、何でもこの町でそろったから

店のある県町通り
店のある県町通り

1998年の長野オリンピック以降、長引く景気低迷もあって店が減り、人通りも少なくなった。

店主・八田シヅ子さん(85):
本当に、うちの赤ちょうちんしかこの通りにはなくなって。今は寂しいなと思います、暗くなっちゃって…

そうした中でも、昔と変わらぬ「平ちゃん」でのひと時を求め、常連客が通っている。
こちらのボトルには「253」という数字が…。

常連客:
仲間でここに来た時に焼酎を飲んで、空けた人が入れる。それで25年くらいで、この本数。ここに来るのを楽しみに仕事がんばる感じ。「おかあちゃん足どう?」と話しながらも、おかあちゃんの顔見ると(自分が)ホッとして

いつも変わらず…「おかあちゃんの笑顔」

午後6時半過ぎ、店に入ってきたのは息子の信治さん。会社が終わると「平ちゃん」を手伝いにやってくる。

息子・信治さん:
(10年前)母親がけがをしたので、ちょっと大変だということで、仕事終わってから手伝えればと

息子・信治さんとシヅ子さん
息子・信治さんとシヅ子さん

夫婦で始めた「平ちゃん」は今、親子で営んでいる。

店主・八田シヅ子さん(85):
いらっしゃい。よかった、来てくれて

常連客:
適当に、いつもの5本

「はい、どーぞ」
「はい、どーぞ」

店主・八田シヅ子さん(85):
はい、どーぞ

常連客:
(「いつもの」とは?)ねぎまです。絶対、ここの店ではタレ。

常連客:
(通うようになったのは?)20年くらい前だよね。亡くなった父がよく来ていて、私もいつかお酒が飲めるようになったら、絶対来たいなという時にお父さんが亡くなって、「お父さんは、どういうものを食べていたんだろう、飲んでいたんだろう」と思って、ここに来て、今に至るという感じ

亡くなった父の面影を求めて通うようになった女性。
でも、今は…。

常連客:
(シヅ子さんはどんな存在?)かあちゃんだね、(信治さんは)兄ちゃんだね。普通に家の食卓みたいな

店主・八田シヅ子さん(85):
お客さんが喜んでくれて、おいしいと言われるのが一番うれしい

息子・信治さん:
店をやっていることで元気でいられると思うので、とにかく元気で一日でも長くやれるのが一番

親子で協力して営む「平ちゃん」
親子で協力して営む「平ちゃん」

記者:
親子で働いている姿、天国の平治さんは…?

店主・八田シヅ子さん(85):
どうだろうね、喜んでいるんじゃないかと思う

移ろう時代と街並みの中で…赤ちょうちんの先にはいつもと変わらぬ「おかあちゃんの笑顔」があった。

(長野放送)