毒親と子どもの適切な距離感とは?

過干渉や暴言で支配しようとしたり、ネグレクトなどで子どもに悪影響を及ぼす「毒になる親」。

最近では「毒親」という言葉とともにその特徴や背景などが報道されることも増え、以前に比べて認知度が高まってきている。

そして、「うちの親は過保護かと思っていたけど、実は毒親だった」などと薄々気付き始める子どもも出てきているかもしれない。しかし大変なのは、これに気付いてからではないだろうか。自身の親が毒親だった場合、子どもとしてできることは限られているからだ。

ではそんな毒親と、どのように接していけばいいのだろうか? また、適切な距離感というのはあるのだろうか? 臨床心理士で明治大学文学部の諸富祥彦教授に話を聞いた。

(画像はイメージ)

昔から毒親はいたが、現代で露見

ーーまず、今と昔で親子関係は変わってきているの?

それほど大きくは変化していないと思います。ただし少子化や核家族化によって、親の子どもに対する依存度や期待は高くなっています。

これを私は、親子の関係がより“密着化”していると呼んでいます。ここでいう“密着”とは、特に母親に多いのですが、あり余っている自分のエネルギーをすべて子どもの教育などにかけたりし、子どもとしては窮屈で仕方ないがないような状況になってしまうことです。

昔はきょうだいが多かったのでその思いは分散されていましたが、今は親の思いが一人の子どもに集中してしまうことはあるかと思います。


ーーでは、いわゆる“毒親”は増えている?

昔から存在したとは思います。しかし現代の方が、毒親が露見されやすいのはたしかでしょう。毒親はいたはずですが、その時代は親を“毒”とは言いにくい雰囲気がありました。今は“毒親”という言葉も生まれ、「自分の親は毒親だ」などと言いやすい雰囲気になってきたことが昔との大きな違いです。

さらに、毒親という言葉が生まれてきたのは、親子関係に対する視点が変わってきたということでもあります。かつて信じられていた、「子どもは大人の言うことをなんでも聞いていてばいい」という考え方が柔軟になってきたのです。毒親は昔から存在していたけれども、これを毒とみなす観点がなかったのです。

今は虐待や毒親というのはダメだという風潮になってきたことから、そこが変わってきたのでしょう。


ーー自分に毒親気質があると思ったらどうすればいいの?

実は母と娘が、1番そういう関係になりやすい傾向にあります。そこで私は、母親向けの講演などでは、「私は私、娘は娘。私と娘は別人格。娘は私のためにこの世に生まれてきたのではない。私も娘のためにこの世に生まれてきたのではない。娘には娘の人生がある」という言葉を唱えさせています。

親子は一体だと思いすぎている人が毒親になりやすいので、別人格なんだということを意識させるのです。子どものためにと思いながら支配しているのが毒親なのです。
 

(画像はイメージ)

毒親から身を守るには、まずは“逃げる”ことが重要

ーーでは親が毒親だった場合、子どもはどうすればいいの?

親の意識を子どもが変えるというのは責任が重いので、重要なのは自分を守るという姿勢です。毒親から自分の身を守るということを覚えてほしいです。

具体的には、パッと距離を置いたり、言われたことに対して分からないと答えたり、親の期待にあまり応えなくていいんだということを知ってほしいです。「私は私、親は親。私は親の期待に応えるためにこの世にいるわけではない。親の期待を裏切っていいんだ」ということです。


ーー距離を置くということだが、適切な距離感というものはあるの?

親に無理やりでなく、自分の意思を尊重されていると思う距離感ですね。例えば、「あなたはどうしたいの?」などときちんと聞いてもらえて、その自分の思いを親がリスペクトしてもらえる感じがあるといいですね。


ーーその距離感と保つためには、毒親としっかりコミュニケーションをとることが重要になる?

いえ、極論で言うと、場合によってはコミュニケーションを絶っても大丈夫です。つい返事をしてしまうと、親に説得されることにもなりやすいからです。

コミュニケーションをとって毒親と向き合い、適切な関係を維持しようとするのも子どもにとって荷が重いです。ですから、まずは“逃げる”ということですね。あまりにもひどい場合は児童相談所などを訪れ、信頼できる大人に相談してください。逃げるということも大事です。

カウンセラーをしている経験上で言うと、第三者が加わらないとなかなか親子関係を変えることは難しいです。そのような時のために、私たちカウンセラーがいるのです。子どもたちが逃げ込んでくれたことで、そこから親との関係を変えるための作戦を練ることができるのです。

第三者を挟むことも重要だ(画像はイメージ)

ーー子どもが親の意識を変えるのはそんなに難しい?

そうですね。これはなかなか大変です。やはり子どもとしてできることは、第三者に助けを求めることです。逃げること、そして間に誰かを挟むことで「そうか、気づかなかったけどやりすぎたな」などと、親に反省する機会を持たせることが重要となるのです。


ーー距離を保つのに適した時期はある?

「思春期」や「独立してから」など、この時期にしたらいいということではありません。「自分は親に尊重されていないな」「ちょっと周りの親とは違うんじゃないかな?」と、親に対して窮屈などと感じた時から、距離感を意識してください。そうしないと、先に子どもである自分の心が折れてしまいます。


親に養ってもらっている年代だけでなく、子どもが親を変えるのはいくつになっても大変なことだろう。

もし「親の言うことに違和感がある。自分の親は毒親かも?」と感じたら、諸富先生が指摘するように、“逃げる”ことと信頼できる第三者への相談をしてほしい。

【関連記事】

なぜ人は「毒親」になってしまう? 背景には“親心と支配”の勘違いがあった
トラウマをどう乗り越えた? 毒親育ちのカウンセラー語る“自分との向き合い方”