皇后さまは10日、優れた看護師などに贈られるフローレンス・ナイチンゲール記章の授与式に出席されました。

この記事の画像(16枚)
フローレンス・ナイチンゲール記章授与式(10日午後 東京・港区)
フローレンス・ナイチンゲール記章授与式(10日午後 東京・港区)

授与式は午後、都内で行われ、皇后さまは日本赤十字社の名誉総裁として出席されました。フローレンス・ナイチンゲール記章は、2年に一度、優れた功績のあった世界各国の看護師らに贈られるものです。

コロナ禍で、授与式は1年延期され、今回日本ではコロナ患者への対応を続ける日本赤十字社医療センターの看護師、苫米地則子さんとパキスタンやアフガニスタンで支援を続ける福岡市のNGO「ペシャワール会」の藤田千代子さんの2人が受章しました。

皇后さまは2019年8月の授与式以来3年ぶりに受章者に記章を手渡し、拍手で祝福されました。皇后さまはそれぞれの活動について質問を重ね、「健康に気を付けて頑張ってください」と声をかけられたということです。

授与式には、皇后さまのほかに、紀子さまらも出席された。
授与式には、皇后さまのほかに、紀子さまらも出席された。