増水した川の中州に取り残された人たちを救助する瞬間が撮影された。

中州に男女7人が取り残され、ヘリで救助

増水した川の上には低空飛行している防災ヘリ。

この記事の画像(8枚)

その下には今、まさに救助中の人が隊員に抱えられ吊り下がっている。

1人を川岸におろしたが、川の中州にはまだ人が残っている。ヘリはまた1人を救助している。

7月3日、兵庫・加東市を流れる加古川で、中州に男女7人が取り残された。

川の上流で猛烈な雨…1時間で増水

なぜ中州に大勢が取り残される事態になったのか。

「中州に人が取り残された」と消防に通報が入ったのは、午後2時20分ごろ。直前の午後2時、川の水位は1メートルを切っていた。

しかし午後3時には、川の水位は2メートルを超えていた。わずか1時間で一気に増水していたのだ。

その原因は上流で降った雨。加古川の上流にある丹波市では、正午までの1時間に83ミリの猛烈な雨が降っていた。

今後も各地で雨への備えが必要だ。

(「イット!」7月4日放送)

記事 1813 イット!

知りたかったことが分かれば、きっと明日が楽しくなる。
知らなかったことが分かれば、きっと誰かに話したくなる。
「明日も頑張ろう」と思えるそのささやかな力になれればと今日もニュースをお届けします。
フジテレビ報道局が制作する夕方のニュース番組。毎週・月曜〜金曜日午後3時45分より放送中。加藤綾子と榎並大二郎が最新ニュースを丁寧にお伝えします。