子連れで市街地に現れることも

福井県小浜市の住宅で6月14日、家の中にクマが入ってくる様子が撮影された。

この記事の画像(9枚)

段ボールを踏み越えて迫るのはツキノワグマ。体長1メートルほどの大人だという。

住宅には鋭い爪の跡が残っているが、出くわした住人にケガはなかった。

小浜市で27日までに寄せられた目撃情報は25件で、昨年度の総数をすでに超えている。

クマの目撃は全国各地で相次いでいる。9日、石川県津幡町で木の上に登るクマの姿が確認された。

25日には北海道当別町のゴルフ場で目撃され、撮影者は「ヴィラ(宿泊施設)の横に出てきています」と説明している。

この時期に注意が呼びかけられているのが、子グマの存在。5月から7月は繁殖シーズンで、子連れで市街地に現れるケースがある。

5月、親子とみられる4頭のクマが、札幌市の住宅近くで撮影された。

「子グマを見かけたら、近くには必ず親グマがいる」と考え、身を守ることが重要だ。

(イット! 6月28日放送より)

記事 1818 イット!

知りたかったことが分かれば、きっと明日が楽しくなる。
知らなかったことが分かれば、きっと誰かに話したくなる。
「明日も頑張ろう」と思えるそのささやかな力になれればと今日もニュースをお届けします。
フジテレビ報道局が制作する夕方のニュース番組。毎週・月曜〜金曜日午後3時45分より放送中。加藤綾子と榎並大二郎が最新ニュースを丁寧にお伝えします。