動物愛護管理法が改正され、6月からペットショップなどで販売される犬や猫にマイクロチップの装着が義務化された。このマイクロチップをはじめ、犬や猫のセーフティネットを考える。

迷子や盗難から”家族”を守る

マイクロチップの大きさは、長さ1センチちょっとで直径は2ミリほど。専用の注射器で皮膚の下に入れる。一度装着すれば外れて落ちる心配はほぼなく、動物に苦痛を与えるものではない。

マイクロチップと専用の注射器
この記事の画像(6枚)

記録されている15桁の数字から飼い主の情報が分かるため、迷子になってしまっても、飼い主の元に戻れる可能性は高まる。戻れずに殺処分になってしまうことを防ぐことができるのだ。また、ペットの飼育放棄などを防ぐことも期待されている。

マイクロチップには飼い主の情報がわかる15桁の数字が記録される

今回の改正では、繁殖業者には装着と登録の義務、店や飼い主には情報の変更登録が義務付けられている。

ただ、新しく迎え入れても知人から譲り受けたり、保護犬などを迎え入れた場合、試行以前に所有していた犬や猫に関しては、装着の「努力義務」にとどまる。ペットの安心のためにマイクロチップの装着をどう普及させていくかが、今後のカギになる。

世界に一つだけの「鼻」で個体識別

そして、いま「鼻紋」と呼ばれる犬の鼻のシワをスマートフォンを使って撮影し、個体識別をするアプリが注目されている。

スモア 沢嶋さつきさん:
ワンちゃんのお鼻が人間でいう指紋のようになっているため、鼻をスキャンすることで、いわゆる「顔認証」「お鼻認証」ができるようになる。つまり、このワンちゃんがこの子です、という個体識別ができるようになるシステム

犬の鼻のシワ「鼻紋」で個体識別

飼い主さんにご協力いただき、愛樹(アイキ)くんの登録をやってみる。

まずは飼い主の情報、そしてアイキくんの情報を入力。年齢や性別はもちろん、病歴、飲んでいる薬、普段食べているフードなども万が一の時の重要な情報になる。そして、鼻紋を動画で撮影。これを登録すれば完了となる。

NoseIDに登録をしていれば、飼い犬が迷子になってしまった場合も、迷い犬を見つけた場合も「鼻紋」を頼りに、飼い主同士がつながっている状況になるのだ。

災害時に離れていても状況を把握

「鼻紋」登録で万が一に備える 年齢や性別、病歴に飲んでいる薬、フードなどを入力

さらに、災害時にはこんな安心も。

スモア 沢嶋さつきさん:
やむを得ず、ワンちゃんを預けないといけない時、離れ離れで避難をしなければいけない時。そういう時にも、預かってくださる方が鼻をスキャンすると、この子の状況がわかる。病気があるのでこういう薬を飲まなきゃいけない、とか素早い措置につながる

現在、登録数は全国で5000ほど。認証精度を上げるためには1万の登録を目指しているそうだ。現在はテスト版で、一部の機能はまだ限定的。もうまもなく本格稼働となる。

「鼻紋」を頼りに、飼い主同士がつながる

新しい飼い主との出会いを目指し、長年、保護犬のグルーミングのボランティアをしている渡邉さん。

グルーミングサロンHUG.DOG 渡邉美紗子さん:
目に見える命綱って、リード、ハーネス、首輪だったり。目に見えない命綱もあると思っていて、それがNoseIDとか、マイクロチップだったりすると思う。迷子になった時もそうだし、災害時は混沌とした状況になるので、そういう時には目に見えない命綱が一番、彼らを守ることができる

マイクロチップは絶対落とすことのない名札。鼻紋認証アプリは、愛犬家のつながりをより広げるものになりそうだ。

万が一に備え、命綱をひとつだけでなく複合的に備えておくことが、これからの飼い主の務めになる。

(テレビ大分)

記事 315 テレビ大分

大分の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。