ガールズケイリンの妹を追いかけるようにして、競輪選手をめざす男性がいる。自転車競技で大学日本一に輝いたものの、その後は高校で指導者に。突然の転身だ。妹も2021年の挫折を乗り越えようとしている。小学校時代から良きライバルだったという2人の再出発を取材した。

小学生で自転車競技に…「競輪」と「五輪代表」どちらも目指した妹

東京五輪の自転車競技が行われ、熱気に包まれた静岡県で、兄妹(きょうだい)は新たなスタートを切った。
女性選手による競輪「ガールズケイリン」で活躍する、妹の鈴木奈央さん(25)。

この記事の画像(13枚)

そして5月から競輪選手養成所に入った兄の康平さん(27)だ。

伊豆市の日本サイクルスポーツセンター内のバンク(競技用コース)で、話を聞いた。

兄・鈴木康平さん:
(ここは)小学生のころからお世話になっている場所

妹・鈴木奈央さん:
同世代の自転車競技をしている子が近所にいなかったので、ここに集まって自転車に乗れることがすごく楽しかったことを覚えています

2人は富士市で生まれ、おじの影響で小学生の頃から自転車競技に打ち込んできた。

奈央さんは星陵高校時代から頭角を現し、国際大会で優勝するなど輝かしい成績を残した。

高校2年の時に取材(2014年)

2014年、星陵高校2年生だった当時、奈央さんは我々の取材に「女子競輪かナショナルチームのどちらかを目指します」と話していた。そしてその後、出した答えは“どちらか”ではなく、“どちらも”だった。

競輪のデビュー戦(2016年)

難関の養成所を経て、2016年から競輪選手として活動。同時に自転車競技の中距離種目で東京五輪を目指したが、代表入りを逃すと、2021年12月に自転車競技から離れ、競輪選手として専念することを決断した。

奈央さん:
常に目標をもって生きてきたので、目標が見当たらなくなった時にどうしていいかわからなくなったことが(競輪専念の)一番の理由

兄は高校の指導者から転身…「1年ですんなり20kg減」で決意?!

一方、星陵高校から法政大学に進んだ兄・康平さんも、大学日本一と実績は十分。しかし卒業後はプロではなく、静岡北高校で指導者の道を選んだ。

静岡北高校で指導者に

体幹トレーニングをはじめ、基礎を大切にした指導で、生徒を全国優勝に導くなど実績を積んでいた。しかし、高校の同級生でプロの第一線で活躍する渡邉雄太選手からの誘いが転機になる。

競輪選手の同級生に誘われ転身

康平さん:
誘われた時は体重100kgを超えていたので「20kg減らしたら考えるよ」と言って、そこから1年かけて運動したら意外と20kgすんなりと落ちて「では、やります」と

さらに競技者としてのカンを取り戻すため、率先して汗を流すことで、生徒たちにも良い影響が出たという。2022年3月のセンバツ大会では総合成績が5位と、前回の7位よりもアップした。

生徒とともに成長し、養成所に合格。競輪選手になるための切符をつかんだ。現在は、10カ月の厳しいトレーニングに臨んでいる。

練習中の康平さん

兄の志に刺激を受けて…

兄の突然の転身を、妹はどう感じたのだろうか。

奈央さん:
びっくりしましたね。自分が「競輪選手になる」と言った時に(兄は)反対したし、本人も「競輪選手にはならない」とずっと言っていたので、教員で生徒に教える方が楽しいのかなと思っていました

康平さん:
指導者になりたいのはブレていなくて、いずれはお世話になった静岡北高校をはじめ、県内の高校生に指導できる立場の人間になりたい

選手として成長することで後進を育てたい。そんな兄の志にも刺激を受け、妹・奈央さんは競輪に専念した2022年、めきめきと力をつけている。

奈央さん:
一番大きいのはメンタル面で、今まで(五輪自転車競技の)中距離種目の練習をしながら競輪に出ていたので、自信をもってレースに行くことができなかった。今は「自分はできる」と思ってレースに行くことができる。心の余裕が一番変わった

先頭でゴールする奈央さん(オレンジ)

2022年はまだ優勝こそないが、賞金ランキング19位(5月12日時点)と好調をキープしている。自らの背中を追う形になった兄に負けないよう、日々成長を遂げている。

ライバルとなった兄妹「一緒に競輪で頑張れたら」活躍誓う

幼い頃から良きライバルだった2人。妹に負け、兄が泣くこともあったそうだ。再び走る道が交わり、これからは互いの存在を刺激に、それぞれの目標に進んでいく。

並走する2人

奈央さん:
(東京五輪を目指していたので)自分の同期と比べても、全然競輪を走っていない。兄が養成所を卒業するまでに一人前になれたら、そこから一緒に頑張れたらいいなと思います

康平さん:
(妹は)一番身近にいる“刺激物”、刺激をうける人物というか

妹・奈央さん:
(“刺激物”の)言い方はやばいですよね

小学校時代から練習した競技用コースで(伊豆市)

康平さん:
(教え子に)「先生はさすがだな」と思われたい。「俺たち、あの人に教わっていたんだ」と言われるような活躍を見せたい

プロの世界でともに飛躍へ。鈴木兄妹の成長から目が離せない。インタビューの最後、康平さんと奈央さんは「頑張りましょう」と握手を交わし、互いの活躍を誓っていた。

(テレビ静岡)

記事 589 テレビ静岡

静岡の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。