石川県といえば海の幸。その自慢の魚を届けたいと、県内の鮮魚店が新たな試みを始めた。"金沢市民の台所"と言われる金沢市の近江町市場に、刺身も買える自販機が登場したのだ。

仕事帰りにも買える!冷蔵&冷凍の魚食品…朝が早い市場の挑戦

鮮魚店が厳選した刺身の盛り合わせと魚料理が買える
鮮魚店が厳選した刺身の盛り合わせと魚料理が買える
この記事の画像(14枚)

2022年5月、近江町市場に店を構えて80年の「大口水産」が設置した3台の自動販売機。「冷蔵タイプ」と「冷凍タイプ」があり、冷蔵タイプには500円のワンコインで買える刺身の3点盛や4点盛などがある。

冷蔵タイプにはワンコインの刺身の3点盛、4点盛
冷蔵タイプにはワンコインの刺身の3点盛、4点盛

一方「冷凍タイプ」には、金沢の名物「のどぐろのだし茶漬け」や「昆布締め」などが並ぶ。

のどぐろだし茶漬けは800円とお得
のどぐろだし茶漬けは800円とお得

観光客だけではなく、地元客もターゲットだ。自販機は近江町市場前のバス停に設置されており、メニューにはフライのセットなど、バラエティーに富んでいる。

フライのメニューなどもあり、バラエティーに富んでいる
フライのメニューなどもあり、バラエティーに富んでいる

しかし、なぜ、鮮魚店が自販機を設置したのか。設置した大口水産の荒木優(あらき・まさる)専務に聞いた。

大口水産・荒木優 専務:
お客様から「近江町市場へ来ても午後4時頃になると何もない」という声があって、我々も頑張らなきゃと思ったのが始まりなんです

お客さんの声から自販機を設置したと荒木専務
お客さんの声から自販機を設置したと荒木専務

金沢市民の台所と呼ばれる近江町市場だが、市場だけ合って、鮮魚店や青果店の営業時間は午前9時から午後5時。夕方になると、ほぼ品薄や店じまいの状態になってしまうのだ。

通勤客が多く利用するバス停にも1台設置
通勤客が多く利用するバス停にも1台設置

大口水産・荒木優 専務:
市場全体でこの試みが広がって「市場の商品が仕事帰りにも買える」「夜に来ても近江町はやっているよ」ってなればいいなと思っています

能登の港町でも…"筋トレが趣味"の老舗鮮魚店が新たな一手

能登の港町、七尾市でも鮮魚店の老舗「川端鮮魚」が頑張りを見せている。

七尾市の老舗・川端鮮魚
七尾市の老舗・川端鮮魚

この店が新たに開発した商品が、レンジでチンする焼き魚だ。

レンチン焼き魚を見せる川端一樹(かわばた・いっき)さん
レンチン焼き魚を見せる川端一樹(かわばた・いっき)さん

一食分ずつ密封・冷凍された焼き魚。種類も豊富で、値段は1食330円から。

サバやサケなど種類も豊富
サバやサケなど種類も豊富

自然解凍して、電子レンジで約2分温めるだけで、手軽に食べられる。わざわざ魚をさばいたり、焼いた後に調理器を洗う手間が省けるのがうれしい。
気になるのはお味は…?許可をもらって、店頭で試食してみた。

秋末アナウンサーが試食してみた
秋末アナウンサーが試食してみた

秋末アナウンサー:
おいしい。ふっくら。クオリティーが高い!

身もふっくらとしている
身もふっくらとしている

しかし、なぜ老舗鮮魚店がこの商品を開発したのだろうか。

川端鮮魚・川端一輝(かわばた・いっき)さん:
魚は筋トレやダイエットなど食事に気を配る方にはもってこいの食材。そして、魚をあまり食べない若い世代にも是非食べて欲しいと思ったからです

実は川端さん自身も筋トレが趣味で、魚の魅力を日々実感していた。だからこそ、低カロリーで高タンパクな魚を多くの人に食べてもらいたいと思い、商品を開発したという。

川端さんは筋トレが趣味
川端さんは筋トレが趣味

レンチン焼き魚は、どの商品も塩分が1食1グラム以下になっている。従来のものの半分に抑えるよう気を配ったという。

ヘルシーな魚を食べて欲しいと開発
ヘルシーな魚を食べて欲しいと開発

川端さんが開発したレンチン焼き魚は、全国発送サービス「フィッシュコム」で購入できる。海の幸が自慢だからこそ、石川が誇る魚をもっと身近に、もっと多くの人に。鮮魚店の挑戦は続く。

(石川テレビ)