この記事の画像(16枚)

三重県鈴鹿市の「椿大神社(つばき おおかみやしろ)」の参道に、カフェを併設した伊勢茶の専門店「椿茶園(つばきさえん)」がある。お茶の農家が営んでいて、新茶を楽しめるとして人気だ。

参道に農家の伊勢茶専門カフェ…きっかけは客の「飲むお茶が欲しい」

静岡県、鹿児島県に次いでお茶の生産量全国3位の三重県。中でも、鈴鹿市で盛んに生産されている伊勢茶は、三重が誇るブランド茶だ。

鈴鹿市山本町にある、開運・縁結びにご利益があると人気の「椿大神社」。

年間100万人以上の参拝者が訪れる、パワースポットとしても人気のこの神社の参道に、カフェを併設した伊勢茶の専門店「椿茶園」はある。

ゴールデンウィークに訪れると、新茶の提供が始まったこともあり、多くの人で賑わっていた。

店では、オリジナルの瀬戸焼の器が付いた「日本茶カフェ」(1杯540円 瀬戸焼の器付き)など、様々な伊勢茶がいただける。

女性客A:
始まった新茶を…。とても甘くておいしかった
女性客B:
おいしい。苦くもなく甘みがあって、爽やかで香りが強い

このカフェは、2017年、地元のお茶農家・市川晃さんが始めた。

店主・市川晃さん:
元々ここに父が作ったおみやげ屋があった。お客さんが「お茶は売ってないの?」と。「売っているけど」って言ったら、「これはお茶の素で、欲しいのは飲むお茶」って言われたのがきっかけ

それ以降、カフェでお茶の提供を始めた。

プロが淹れる極上の1杯…急須の中で茶葉が回るように最後の一滴を

椿大神社の周辺では、平安時代からお茶が作られていたとされている。寒暖差が大きいこの地区は、味や香りに優れた質の良い茶葉が育つという。

椿茶園の茶畑では、4月末から新茶の収穫が始まった。代々受け継がれてきた6ヘクタールの茶畑を、市川さんと息子が2人で管理している。

市川晃さん:
お茶の良し悪しは畑。葉っぱが良くなければおいしくならないので、いかに元気な茶畑を作るか。新芽に対して一番怖いのが霜。今年は霜の害も無く、すくすくと伸びて良い

市川さんは、2022年はお茶の当たり年だと話す。収穫した茶葉は、“冷却”や“加湿”、味や色を決める“蒸し”に“揉み”など11の工程を経て、「荒茶(あらちゃ)」という状態に。その荒茶をさらにふるい分けして製品になる。

市川さん親子は、畑仕事を終えた後にカフェでお茶を淹れている。日本茶インストラクターの資格を持つ市川さんに、おいしい新茶の淹れ方を教えてもらった。

市川晃さん:
お湯は80度で沸かしてあります。一度急須の中にくぐらせて、もう一回湯冷まし(の器)にいれます。お湯は一つくぐらせることで10度下がります。80度から70度、そして今60度ぐらい

新茶を淹れるのに最適な温度は60度だという。湯を急須に入れ、約2分間蒸らす。注ぐ時は、一気に注ぐのではなく、少しずつ…。急須の中で茶葉が回るように、最後の一滴まで絞り出すように注ぐ。

市川晃さん:
最後の一滴が、ゴールドドリップといって、一番おいしい

ちなみに、「椿茶園」では急須と湯飲み、水筒の3つの役割を兼ね備えた「CHACHABYボトル」(スターターキット500円/ボトルホルダー800円)を2021年から販売。ティーバッグで入れることができ、持ち運びもできると人気だ。

市川晃さん:
日本茶っていうのは日本の文化ですし、沢山飲んでもらえるといいな

こちらでは6月中旬頃まで新茶を楽しむことができるとのことだ。

(東海テレビ)

記事 2121 東海テレビ

岐阜・愛知・三重の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。