何が出てくるか不明のモノまで…独特すぎる自動販売機たち 42mの「プチプチ」は誰が買うのか【愛知発】
withコロナ時代の地元ビジネス

何が出てくるか不明のモノまで…独特すぎる自動販売機たち 42mの「プチプチ」は誰が買うのか【愛知発】

何が出てくるかわからない…80円のドリンクの自動販売機「なぞかん」

この記事の画像(27枚)

コロナ禍の今、雑誌「日経トレンディ」の2022年ヒット予測に「次世代自販機」というキーワードがランクインするなど、非接触である「自動販売機」が注目されている。
東海地方で珍しい自動販売機を探すと、和菓子や黒毛和牛などのグルメから、粘土やプチプチなど様々なユニークなものがあった。

名古屋市守山区の住宅街に佇む、「なぞかん」と書かれた自動販売機。値段は全て80円のこの自販機には、「定番から激レアまで100種類以上のドリンクからなにがでるかな♪」と書かれている。

早速購入してみると、「ヨーグルンソーダ」という見たことがないドリンクが出てきた。続いて出てきたのは、定番の「三ツ矢サイダー」。しかも80円なのに500ミリリットル缶だ。

その後は、「ドクターペッパー」、「ビタミン全開」、「カナダドライ ジンジャーエール」など、全て炭酸系飲料が出てきた。近所の人に利用したことがあるか聞いてみると…

女性:
買わないです。何が出るかわからないから

男性:
あまり使わないですね

この「なぞかん」を設置した会社に作った理由を聞いてみると、「面白そうだから」とのことで、遊び心から生まれた自販機だった。ちなみに、1本目に出た「ヨーグルンソーダ」よりレアな商品も存在し、最も出る確率が低いのは海外のドリンクとのこと。

本格的なステーキを自宅で…田んぼの真ん中に現れる黒毛和牛の自販機

愛知・豊田市の田園地帯に現れた白とピンクのかわいい自販機では、焼肉用の肉が販売されていた。「赤身 焼肉用」(170グラム1800円)に、「ロースステーキ」(180グラム2200円)など、高級肉が並んでいる。この自販機は、「直売所」と書かれた建物の前に設置されていた。なぜ、牛肉の自販機なのか。

谷澤牧場の牧場主の男性:
(直売所が)週一回の営業なので、毎日買ってほしいと自動販売機を

建物のすぐ裏には牛の牧場が…。牧場主の男性は、豊田のブランド牛「黒毛和牛 ゆたか牛」を飼育するかたわら直売もしていたが、多忙でなかなか販売にまで手が回らず、直売所の営業は火曜日だけ。もっと購入機会が欲しいという客の要望を受け、2021年6月に「和牛の自動販売機」を設置した。コロナ禍もあり、評判は上々だという。ちなみに、オススメは…

谷澤牧場の牧場主の男性:
赤身がおいしいので、ステーキがオススメ

「ステーキ」(180グラム2200円 部位はリブロース・サーロイン・肩ロースのいずれか)を購入して焼いてみると、赤身と脂のバランスが絶妙な本格的なステーキだった。

コロナ禍で誕生した絶品グルメが楽しめる自販機は他にも。

愛知・豊明市に2021年に登場したラーメンの自販機「ヌードルツアーズ」では、全国の有名ラーメン店の味が楽しめる。

生麺や、チャーシューなどの具材は冷凍されており、「田中そば店」(1000円 チャーシュー・メンマ付き)など、自販機とは思えない本格的な味が自宅で楽しめる。

愛知・大治町の和菓子店「松葉堂」の自販機では、「鬼まんじゅう」(110円)や「お花見団子・草餅セット」(180円)などが…

コロナ禍で店頭販売が減ったため設置したところ、普段は購入しない若い人たちも興味を示し、店のPRにもなったという。

介護施設での手先の運動用に…全長42メートルのプチプチの自販機

名古屋市中村区にあるのが、「プチプチ自動販売機」。ユニークな販売スタイルで、カギがかけられ番号が書かれた箱の隣には、1台のガチャガチャがあった。500円を入れて回すと、「5番-173」と書かれた一枚の紙が出てきた。

5番の箱の南京錠のダイヤルを「173」に合わせると箱が開き、中からは荷物の梱包などに使用するお馴染みのプチプチが。この自販機を製造した会社に、作った理由を聞いてみると…

川上産業の担当者:
弊社は“プチプチ”という名称で登録商標を取得していまして、お客さまからも手軽に買えたらという声もいただいており、設置することに

愛知県生まれのプチプチは、この「川上産業」の登録商標で、手軽に買えるようにと2013年に製作。ちなみに、プチプチは42メートルもあり、この自販機は日本に2台しかないとのこと。どのような人が買いにくるのだろうか。

同・担当者:
引っ越しで使われる方や、介護施設でご老人の手先の運動でということも

「ねんど」に「だし」に「チリソース」…洋菓子が買える次世代型自販機も

名古屋の企業が作ったユニークな自動販売機は他にも。
中区で文具や玩具を販売する「銀鳥産業」の自販機では、米粉を使った「お米のねんど」(300円)。

会社のPRのために設置したところ、想像以上に反響があった。裏にはアルコール除菌シートが付いているなどコロナ禍ならではの工夫もされている。

“和風だし”の自販機「だし道楽」は、だしを販売していた広島の醤油屋さんが、気軽に購入したいという客の声を受け2007年に開始。

「焼きあご入り」など3種類のだしが販売されている。

“チリソース”の自販機「スリラチャの赤備え」では、アメリカで大ヒットしたニンニク仕立てのうま辛ソースを販売。岐阜・羽島市の会社が、コロナ禍で対面販売ができなくなり始めた。現在、東海地区の70か所に設置されている。

愛知・岩倉市の洋菓子店「アンジュール」の店先に設置されている“洋菓子”の自販機では、9種類の自家製スイーツを販売。

一番人気の「いちごのミルフィーユ缶」(850円)は、缶詰のようにプルタブを引くと、中にはパイ生地やカスタードクリーム、いちご、ラズベリーピューレ、スポンジがぎっしりと詰まっている。新商品「チョコバナナミルフィーユ缶」も人気だ。

(東海テレビ)

記事 2083 東海テレビ

岐阜・愛知・三重の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。

岐阜県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>> 愛知県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>

withコロナ時代の地元ビジネスの他の記事

元CAが開発「玄米カイロ」 SNSで人気に 捨てられるコメ活用で…

元CAが開発「玄米カイロ」 SNSで人気に 捨てられるコメ活用で…

ライフ
ゴルフ場で仕事・遊び・温泉を…「ゴルファーケーション」に注目…

ゴルフ場で仕事・遊び・温泉を…「ゴルファーケーション」に注目…

ライフ
駅弁だった「峠の釜めし」は今…“ドライブイン”から“キッチン…

駅弁だった「峠の釜めし」は今…“ドライブイン”から“キッチン…

ライフ
届けるのは新聞だけじゃない…「街の隅々まで知ってる」新聞販売…

届けるのは新聞だけじゃない…「街の隅々まで知ってる」新聞販売…

都道府県
「温泉つぶすなら市長を辞めて」“高齢者の憩いの場”公共施設の…

「温泉つぶすなら市長を辞めて」“高齢者の憩いの場”公共施設の…

都道府県
電子部品の製造業が「ニンニク栽培」に挑戦…コロナ禍で工場の一…

電子部品の製造業が「ニンニク栽培」に挑戦…コロナ禍で工場の一…

経済
一覧ページへ
×