大規模噴火や津波の被害に遭ったトンガ支援のため派遣された自衛隊の輸送機がオーストラリアに到着し、早ければ22日からトンガへ物資の輸送を開始することがわかった。

トンガの支援のため、支援物資の飲料水を積んだ航空自衛隊のCー130輸送機2機は20日夜、愛知県の小牧基地を出発した。

この記事の画像(2枚)

このうち1機は、日本時間21日午後5時ごろ、オーストラリアのアンブリー空軍基地に到着し、派遣隊員はオーストラリア空軍関係者と物資の輸送について調整を始めた。

早ければ22日からトンガに向けて輸送を開始する。

一方、もう1機は機体の不具合のため経由地で調整を行っており、到着が遅れる見込み。

提供:統合幕僚監部

政治部
政治部

フジテレビ報道局政治部

記事 983