日本語にはクレイジーな表現がいっぱい!?

日本語には外国人が驚くような表現がたくさんあります。その不可解な面白さを外国の方にも伝えてみたい!

そんなあなたにお届けする「驚きながら学ぶ!クレイジー日本語講座」
"Mind blowing tips! CRAZY JAPANESE LESSONS."

日本語独特の表現を、楽しみながら覚えていきましょう。

「泥棒」を英語で言うにはコレ!

土屋: 本日はある言葉に1文字足すだけで別のものになってしまうクレイジーな日本語を学びますよ。
Today, let’s learn a crazy Japanese word that changes its meaning by just adding one character.

今日のクレイジーな日本語表現はこちら!
Today’s crazy Japanese expression is...!

この記事の画像(3枚)

ぺるり: 棒に泥がついた。ただの汚れた棒じゃないの?
There’s some mud on a stick now. Isn’t it just a dirty stick?

土屋: 汚れた棒って何よ?
What’s a dirty stick?

ぺるり: それ、こっちが聞きたいんですけど。
That’s what I want to know.

土屋: ですよね。棒に泥がつくとこうなるんです!
Touché. A stick with mud becomes...!

「泥棒」
 Thief

ぺるり: あれ!物を盗んでいる人になった!犯罪者!
What? It turned into a thief! A criminal!

土屋: 「泥棒」は他人の物を盗む人を表す言葉です。
"Dorobou" is a person who steals another’s belongings.

ぺるり: 棒なのに人?!どう言う状況?クレイジー!
It’s a stick but it’s also a person!? What kind of situation is that? Craaazzy!

それでは、次回もお楽しみに!
See you at the next Lesson!

(連載「クレイジー日本語講座」第47回 / 毎週土曜更新)