自民党新型コロナウイルス対策本部長を務める西村康稔前経済再生相と黒岩祐治神奈川県知事、尾﨑治夫東京都医師会会長が16日、フジテレビ系「日曜報道 THE PRIME」(日曜午前7時30分)に出演し、新型コロナウイルス・オミクロン株の感染拡大を受け、首都圏へのまん延防止等重点措置適用の可能性などについて議論した。

黒岩知事は神奈川県庁から中継出演し、いまのまま感染の急拡大が続けば、1都3県そろって重点措置適用を申請する日も近いと危機感を示した。

番組では、米英仏などがワクチン接種者と未接種者で濃厚接触者の待機期間に差を設けていることや、特に仏ではワクチン未接種者の飲食店入店を禁じるなど、事実上のワクチン接種「義務化」が行われていることを紹介した。

これに関し、番組コメンテーターの橋下徹氏(弁護士・元大阪府知事・大阪市長)は、日本でもワクチン接種者を中心に経済を動かしていく必要性を強調。未接種者が飲食店に入店できないなど一定程度不利益を被るのはやむを得ないとの持論を展開した。

西村氏、黒岩氏、尾﨑氏はいずれもワクチン接種の重要性を訴えつつ、日本でのワクチン接種義務化は「困難」との認識を表明した。西村、尾﨑両氏は、ワクチン接種の有無に関わらずPCR検査や毎日の抗原検査などで「陰性」の人が経済活動で優遇されることには理解を示した。

黒岩氏は、ブースター接種(3回目接種)に関し、ファイザー製のワクチンを待っている人がいると指摘した上で、ファイザー製とモデルナ製を選ぶことはせず、とにかく早めに接種を受けるように呼びかけた。

以下、番組での主なやりとり。

黒岩祐治氏(神奈川県知事):
オミクロン株はこれまでの常識が通用しないのではないかと思っている。今の感染者の増え方、圧倒的に20代が多い。各国を見ると、遅れて高齢者が増えてくる。高齢者が急に重症化していく可能性は無きにしもあらずだ。非常に悩ましい問題で、本当はまん延防止等重点措置適用の申請などやりたくはないが、感染者があまりにも増えるのであれば、どこかで(重点措置申請に)踏み切らなければならないと思う。東京都が「まん延防止行くぞ」と言う時には、1都3県並んで行かないとなかなか皆さんの共感を得られないのではないか。その日が刻々と近づいているのかなと。

尾﨑治夫氏(東京医師会会長):
ブースター接種(3回目接種)を終えると、感染予防効果が7割ぐらいに上がり、入院しないで済む。重症化予防は9割に上がる。そういう状態の人は、また違う考え方で(経済的に)動いてもらうということはあり得る。今のところ3回目接種が終わった人はまだそれほど多くない。数が多くなった段階ではそういうことも考えられる。

橋下徹氏(番組コメンテーター・弁護士・元大阪府知事・元大阪市長):
ワクチン接種率は100%までは上がらない。ワクチンを打ちたくない人はいる。日本は打つ、打たないは自由だ。でも、ゆくゆくは打たない人に対して、何かしらの不利益を与えざるを得ないという方向で行くべきなのだろうか。フランスなどはいまそのようだ。

松山俊行(キャスター・フジテレビ政治部長・解説委員):
フランスではワクチンの事実上の義務化まで踏み切っているようだ。

西村康稔氏(自民党新型コロナウイルス感染症対策本部長・前経済再生担当相):
ワクチン接種義務化は日本では難しい。ブースター接種(3回目接種)を前提として、ワクチンを打った人は様々な活動がかなり認められると。打てない人、打っていない人は、かなり頻繁に検査をやってもらうことなどが必要ではないか。

松山キャスター:
ワクチンのブースター接種について、政府は1カ月前倒しを打ち出した。実際に自治体は対応できるのか。

黒岩知事:
今、一生懸命やっている。皆さんにぜひお願いしたいのは、ファイザーかモデルナかを選ばないでほしい。今、ファイザーの方が人気があり、ファイザーを待っている人がいる。とにかく早く打てる人はどちらでもいいからどんどん打ってほしい。

松山キャスター:
選んでいる場合ではないと。

尾﨑会長:
そうだ。どちらでもいいから、早く3回目を打ってもらいたい。特に高齢者は早めに打っていただきたい。

橋下氏:
ワクチンを国が国民に強制的に打つわけにはいかない。でも、行政が営業の自由を制限するというのなら、ワクチンを打ってない人は店には行けないぐらいの不利益を受けるのはやむを得ない。

日曜報道THE PRIME
日曜報道THE PRIME
メディア
記事 73