韓国で新型コロナウイルスの変異ウイルス「オミクロン株」に感染した夫婦が当初、「空港から防疫タクシーで帰宅した」と嘘の申告をしていたと韓国メディアが報じた。

韓国の聯合ニュースは、11月24日にナイジェリアから帰国し「オミクロン株」への感染が確認された40代の夫婦が、実際には知人の男性の車で自宅まで移動していたのに、「空港から防疫タクシーで帰宅した」と嘘の申告をしていたと報じた。
そのため知人の男性は、夫婦が新型コロナの陽性と診断された25日以降も濃厚接触者とはされず、その後6日間で家族や知人、仕事関係者など約50人と接触していたという。
保健当局は夫婦を告発することも検討している。