JAXA(宇宙航空研究開発機構)は、新たな日本人宇宙飛行士を13年ぶりに募集すると発表し、応募資格は2項目にして、「理系の大学卒」を撤廃するなど条件を緩和する。

JAXAは、新たな日本人宇宙飛行士の募集について、応募資格は「今年度末までに3年以上の実務経験」と、これまでより制限を緩和した、身長や視力、聴覚などの身体的要件の2項目としている。

これまで応募資格だった「自然科学系の大学卒業」を撤廃し、水泳の能力は選抜後に訓練するとして、多様な人材を求めている。