「まち」か「ちょう」か…日本列島色分けすると東西に分かれる結果に

この記事の画像(20枚)

愛知・新城市の60歳女性の方から、こんな投稿があった。

〈新聞の記事で、菅首相が福島県の「なみえまち」を「なみえちょう」と言い間違えたとありました。愛知県は「ちょう」が普通なので、「まち」という読み方に驚いています。独自の決まりがあるのでしょうか?違いを知りたいです〉

愛知県「設楽町」や岐阜県「北方町」、三重県「菰野町」といった“自治体の「町」”を「ちょう」と読むか「まち」と読むか…。
全都道府県の自治体を調べてみると、北海道や九州など例外はあるもの、大まかに東日本は「まち」、西日本は「ちょう」と読むところが多いことが分かった。

愛知県には、確かに幸田町(こうたちょう)や設楽町(したらちょう)など、町を「ちょう」と読む自治体が多くある。
「ちょう」と読むか「まち」と読むかは、地域によって傾向があるのか調べてみた。

まずは市町村の情報がまとまっている「全国市町村要覧」をもとに、47都道府県すべての自治体を読み方で色分けすることにした。

全て「まち」と読む都道府県を青で、全て「ちょう」と読む都道府県は赤で塗っていく。どちらも存在する場合は、「まち」が多ければ青の斜線を、「ちょう」が多ければ赤の斜線を、地道に日本地図を塗っていくと…

まずは東北から見てみると、「まち」ばかり…。投稿にあった福島県の浪江町(まち)をはじめ、東北は「まち」が優勢のようだ。関東もほぼ「まち」の青で塗りつぶされた。

東海3県になると一変して、全て「ちょう」。
中国地方では、広島県は全て「ちょう」という結果に。

作業すること5時間。完成した「ちょう」か「まち」か分布図を見てみると…

北海道は「ちょう」が多いものの、東日本に「まち」が多く、東海3県を含む西日本に「ちょう」が多い、西日本と東日本に分かれる結果となった。

「まち」か「ちょう」かの境界線は長野か…県内唯一「ちょう」と読む町へ

ここで注目したのが、真っ青な「まち」の関東と、真っ赤な「ちょう」の東海地方に挟まれた長野県。長野県は、「まち」が22で、「ちょう」が1という内訳。
長野県で唯一「ちょう」と読む町は、県南部の「阿南町(あなんちょう)」だ。

ほとんどが「まち」の長野に、なぜ1つだけ「ちょう」と読む自治体があるのか。その理由を探るために、長野県阿南町へ向かった。

名古屋から車で走ること2時間。すぐ南は愛知・豊根村という、人口4372人(7月1日時点)の阿南町。町内には、県内最大級といわれる全長15メートルの「阿南関昌観音」がそびえたち、JAをのぞいてみると名物のスモモなどが並んでいた。

「ちょう」と「まち」の境界線上にあるともいえる阿南町(あなんちょう)。
なぜ、長野でここだけが「ちょう」なのか、地元の人に聞いてみると…

女性:
「まち」の方がしっくりくると思ってたけど、なんで「ちょう」なのかってずっと感じていました

男性(70代):
呼び方がちょっと変わっているなと。それは疑問に感じましたけど

長野県の中で、ここだけ「ちょう」と呼ぶことに違和感を持ってはいるものの、理由については分からないようだ。
しかし、気になる話が…

男性(50代):
「あなんまち」と小さい頃は言ったり。「あなん“ちょう“」って言うのか、「あなん”まち“」って言うのか、小さいころはその認識もなかったんですよ

昔は「まち」と言っていたという情報が得られたため、手がかりを求めて阿南町役場へ。

阿南町は当初から「あなんちょう」も…「まち」と「ちょう」混在して読む人も

町役場で昭和32年に3つの村が合併した際の資料があるとのことで見せていただくと、そこには町ができた当初から、すでに「ちょう」であったことが示されていた。

しかし、昔は読み方が「まち」と「ちょう」が混在していたと言う、町の人がいたことを伝えると…

阿南町役場の担当者:
そんな印象ありましたね。阿南町郵便局があるんですけど、阿南“まち”郵便局と呼んでいたのを、途中で阿南“ちょう”郵便局っていう風に変えたという…

「まち」を「ちょう」と読むようになった理由は、何だったのか。

町長「愛知県の色が強かった」…愛知の文化が県境を越え「ちょう」と読むように?

代々この地で育ってきたという、勝野一成町長に話を伺った。

阿南町の勝野一成町長:
やっぱり愛知県の色が強かった…。植林を促進したのが愛知県の人間で、ずっとこっちまで降りてきた…

戦前の昭和初期に愛知県から来た林業の指導者が、この地でヒノキの植林を指導したという歴史があり…。さらに、愛知県の東栄町(ちょう)や設楽町(ちょう)など県をまたいで愛知の人との結婚も多かったという。

勝野町長:
(愛知の文化が)阿智川を境にして入ってきたんですよ

県境を越えて愛知の文化が入ってきたため、「ちょう」と呼ぶようになったのではないかという見解だった。

東日本は「まち」、西日本は「ちょう」の傾向が強い中、長野・阿南町の北側を流れる阿智川に「ちょう」と「まち」の境界線があるのではないかということがわかった。

(東海テレビ)