10日、盛大に行われた、天皇陛下の即位を祝う「祝賀御列の儀」。
沿道に多くの人たちが詰めかける中、皇后雅子さまは華やかなドレス姿でお出ましになられた。

この記事の画像(9枚)

雅子さまがお召しになったドレスについて、皇室のファッションに詳しい青木淳子さんが解説する。

青木淳子氏

首回りを華やかにする「ローブ・デコルテ」と思われるドレス

島田彩夏アナウンサー:
こちらのドレス、いかがでしたか?

青木淳子氏:
白に近い、オフホワイトのドレスですけども、ローブ・デコルテだっだと思われます。そしてその上に羽織られたジャケットが、皆さん思われたと思いますけども、ご成婚のときを彷彿とさせるデザインで、首の周りをとりかこむ、まるでバラの花びらのようなフリルが幾重にも重なっていて、ゴールドも入ってましたよね。それが一層、華やかさを引き立てていましたね。

島田彩夏アナウンサー:
少し弱い風も吹いて、また素敵でいらしましたね

前回の即位パレードでの美智子さま、ご成婚パレードの雅子さま

青木淳子氏:
また、上着の周りに縁取りのようになっていますブレード。こちらが皇后としての重厚感をドレスに与えているんじゃないかなと思います。

島田彩夏アナウンサー:
私は初めてみたような気がするんですけども、これは新調されたのでしょうか。

青木淳子氏:
私も初めて拝見しましたので、このパレードのために新調されたのではないかと思います。

島田彩夏アナウンサー:
ティアラとネックレスについても教えて下さい。

青木淳子氏:
明治時代から皇后さまが引き継がれている「第1ティアラ」ですね。そして、(2連のネックレスは)5月1日からずっと着用されているものですね。今日も2連でしたけど、ぴったりとお似合いでしたね。

島田彩夏アナウンサー:
日に照らされ本当にキラキラとまばゆいばかりで、本当に素晴らしいお姿でした。

皇后になられてからの雅子さまのファッション

そんな雅子さまが、皇后になられてからの公式の場所に出られたときのドレスを見ていきたいと思います。

この1枚目は皇后になられてすぐの5月。アメリカのトランプ大統領夫妻を迎えられた際の写真です。腕の部分が少し透ける透明感のある生地。レースがあしらわれたジャケットにロングドレスの装いでした。

2枚目3枚目は先日の「饗宴の儀」でのお姿です。
2枚目は首元のフリルが花びらのように広がるシャンパンゴールドのドレスでした。
3枚目はライトブルーのロングドレスでした。首元に向けて波が広がるような雰囲気が特徴的でした。

島田彩夏アナウンサー:
雅子さまが皇后になられてから、ファッションに何か変化はありましたか

青木淳子氏:
皇太子妃時代、一時期は抑えた服装というのがあったんですけれど、皇后になられてからはフリルがあったり、華やかな雅子さま本来のお姿の印象ですね

(2019年11月10日放送「令和の即位パレード 華やか御列生中継SP」より)