青と黒のケーキ…色を反転させると?

アニメーション監督のしばたたかひろ(@iine_piroshiki)さんが作ったお皿など洗うスポンジにそっくりなスポンジケーキ。
【関連記事:「スポンジ」そっくりなケーキが話題…クリームも洗剤に見えてくる】

この記事の画像(6枚)

編集部でも取材させてもらったが、しばたさんの最新作が24日に投稿され早くも話題になっている。



2枚の写真と共に「妹から『写真映えし過ぎるケーキで周りと差をつけたい。』とお願いされたので、『色が反転したケーキ』をつくったら、『映えた。』と言われた。青い苺はゼリーで再現してます。」と投稿。

1枚目はショートケーキの写真だが、色がおかしい。イチゴとスポンジの部分が青で、クリームの部分が黒。本当に食べられるのだろうか。

そして2枚目の写真は1枚目のケーキの色を反転させたもので、イチゴは少し白い部分もあるが、クリームとスポンジは普通のショートケーキと同じ色になっている。

ケーキは写真映えを求めていた妹さんに頼まれて、しばたさんが作ったということで、投稿には「妹のお願いを難なくこなしていく兄が本当にすごい」や「天才的だ」、「合成みたい」などのコメントが寄せられ26万超のいいねが付いている。(12月26日現在)

またしても我々を驚かしてくれたしばたさんだが、色の反転を一体どのように計算して作ったのだろうか。
しばたさんにお話を伺った。

青は食紅、黒は食用の竹墨パウダーとココアパウダー

ーーなぜ色が反転するのか?仕組みは?

私も素人なので説明が難しいのですが、白の反対は黒、赤の反対は緑といったように、色には対となる色が存在します。 この原理に基づいてショートケーキの反対色を分析するとスポンジの黄色の反対色は青クリームの白の反対色は黒苺の赤の反対色は緑、となります。 こうして導き出された色の通りにショートケーキを作れば「色反転したケーキ」を作ることができ、逆にまたそのケーキを色反転すれば元のケーキの色に戻るのです。

ーー色が反転するケーキの調理手順と食材は?

こちらも調理手順は一般的なものと同じです。そこにプラスで食紅を追加しています。 苺についてはゼリーで作っているのですが、まず実物のイチゴをもとに石膏の苺フィギュアを制作し、それをさらに食品用のシリコンで型取りし、 出来上がった型にゼリー液を流し入れて作っています。

ーーケーキの黒と青の色はどのように出している?

青は食紅を使用し、黒は食用の竹墨パウダーとココアパウダーを使って着色しています。

妹「気持ち悪い…」

ーーこだわった部分は?

写真を反転させた時に、しっかりと正しいショートケーキの色になるよう気をつけています。 素人なので完璧にはできませんでしたが、そこそこ再現できたかなと思います。

ーー妹さんの反応は?

とても喜んでくれましたが、ボソッと「気持ち悪いな…」とも言ってました。

妹のために作ったケーキ。色の再現力は素晴らしかったが、妹に「気持ち悪いな」と言われたら、兄としては少し複雑な気持ちだっただろう。

連続でヒット作となったが、次はどのようなものを作って私たちを驚かせてくれるのだろうか。しばたさんの次回作に期待したい。