2020年の年末ジャンボ宝くじで、富山・砺波市の売り場から一等前後賞合わせて10憶円の高額当選が出たことが話題になった。

実は、この宝くじ売り場には、幸運を呼び寄せる秘密があるということで、富山テレビの谷優子アナウンサーが取材した。

2月3日はバレンタインジャンボ宝くじの発売日。バレンタインジャンボ宝くじは、1等前後賞合わせて3億円。
砺波市太郎丸の「砺波MEGAドン・キホーテUNYチャンスセンター」ではバレンタインジャンボ宝くじを買い求める方がいた。

この記事の画像(15枚)

ーー今日どちらから?

買いに来た人:
(隣接の南砺市)井波から

ーーここの売り場で高額当選があった?

買いに来た人:
10億円でしょ。私じゃないですよ

「砺波MEGAドン・キホーテUNYチャンスセンター」の売り場では、2020年の年末ジャンボ宝くじで、1等前後賞合わせて10億円の高額当選が出たことで話題になった。

富山テレビ・谷優子アナウンサー:
年末ジャンボ10億円。大きな話題になりましたね

宝くじ売り場を運営する中部商事高橋一行さん:
富山県から初めての10億円。本当にありがたいことだと感謝しております。今まで億万長者が13名、総額26億円の高額当選金が出ています

高額当選が出る秘密を富山テレビアナウンサー・谷優子が探る。

当選祈願スタンプで運気がアップ

高額当選の謎。まずは「幸運のチューリップ」。

宝くじ売り場を運営する中部商事高橋一行さん:
これが当選祈願スタンプです。砺波市はチューリップが有名。チューリップには幸せを運ぶという意味があります

「砺波MEGAドン・キホーテUNYチャンスセンター」から高額当選がよく出るようになり、より多くの人に幸運が訪れるよう、2015年にこのスタンプを設置したところ、2年後のハロウィンジャンボで4億円、2020年の年末ジャンボで10億円と当選金額が年々アップしてきたそう。

ーーもしかして10億の方も?

宝くじ売り場を運営する中部商事高橋一行さん:
押されたと思います!

高額当選の謎。2つ目は「リアルまねき猫」。
宝くじの販売スタッフに、こんなエピソードがあった。

販売スタッフ:
ハロウィンジャンボ、3年前に4億円。ちょうどその直前にネコを飼いはじめて

富山テレビ・谷優子アナウンサー:
ネコを飼いはじめたら、その後ハロウィンで4億円が出た?

販売スタッフ:
そうなんです

まさにリアル「まねき猫」。しかも一度だけではなく、2020年、別の販売スタッフが猫を飼い始めたら年末ジャンボで10億円の高額当選が出た。

販売スタッフ:
まねき猫です。ダブル効果です

地名「太郎丸」が運気を上げている?

高額当選の謎。3つ目は「東西太郎丸つながり」。
「砺波MEGAドン・キホーテUNYチャンスセンター」があるのは砺波市太郎丸。
そして、もう1カ所、富山市にも太郎丸という場所に宝くじのチャンスセンターがある。こちらも、これまでに億万長者16人、総額27億円の高額当選を出している。

実はこの2カ所は地名の太郎丸つながりで、不思議なことが起きている。

宝くじ売り場を運営する中部商事高橋一行さん:
砺波から出ると太郎丸から出ると、交互に繰り返して出ている

この10年あまり、砺波の太郎丸から高額当選が出ると、次に富山の太郎丸で高額当選が出るというサイクルを繰り返しているそう。

富山テレビ・谷優子アナウンサー:
去年の年末ジャンボが砺波市太郎丸から出たということは、次のバレンタインジャンボは富山の太郎丸で出る?富山に行ったほうがいい?

宝くじ売り場を運営する中部商事高橋一行さん:
確かに砺波と太郎丸の運気がすごく上がっているんですが、富山県全体として運気が上がっているのではないかなと

県内31カ所にある宝くじ売り場では、この20年で億万長者82人、総額128億円の高額当選が出ている。
今、一番引きが強い「砺波MEGAドン・キホーテUNYチャンスセンター」は、ほかの売り場の運気も上げてくれるかもしれない。

谷優子アナウンサーも、ご利益にあやかって、バレンタインジャンボを購入。もちろん幸運のチューリップのスタンプも押した。

富山テレビ・谷優子アナウンサー:
当たったらどうしよう!?ご報告しますね、内緒の方がいいかな…当たりますように!

富山県初の10億円の高額当せんを出した「砺波MEGAドン・キホーテUNYチャンスセンター」。
実は、スタッフのみなさんは高額当せんが出るようにと立山へ祈願登山もしているとのことで、チューリップと立山のパワーが幸運を呼び寄せたのかもしれない。

(富山テレビ)