河野太郎規制改革相が新型コロナウイルスのワクチン接種に向けて「令和の運び屋」と言われるよう頑張ると宣言した。

22日の参議院本会議で国民民主党の榛葉議員は、菅首相がワクチン担当の閣僚に河野氏を任命したことについて「河野大臣は自他共に認める“令和の壊し屋”だ」と指摘した上で、大規模なワクチン接種に求められる根回しは河野大臣は苦手ではないかと質した。

これに対し、河野大臣は、「自治体と連携して万全の接種体制を確保する。できる限り2月下旬までにまずはコロナ患者に頻繁に接する機会のある医療従事者から接種を開始できるよう準備を進めている」と述べた上で、「令和の運び屋と言われるように頑張って参ります」と宣言し、議場から拍手と笑いが起きた。 

この記事の画像(2枚)