女性や子供でも簡単に取り外せる、ありそうで無かった「格子柵」…発明したのは中学生

この記事の画像(24枚)

岐阜・中津川市に、世界的な発明展で銀賞に輝いた中学3年生がいる。発明品は、火災などの際に室内から外せる機能を付けた、住宅の窓に取り付ける防犯用の「格子の柵」だ。

大人も驚く斬新な発想で、様々な発明品を作る原動力は、困っている人を助けたいという思いだった。

一見、どこにでもありそうな格子柵。

しかしこれが、10月に開催された世界各国の青少年の発想や創造性を競う「世界青少年発明工夫展」で銀賞に輝いた。
発明したのは、岐阜・中津川市の中学3年の稲垣龍樹さん(15)。

この格子柵は室内側、窓の下に「クランプ」と呼ばれる留め具が付いている。

そのオレンジの部分を上に上げると、柵を室内から簡単に取り外すことができる。

火災などの緊急時、室内から柵を外して避難できるようになっている。こだわったのは…

龍樹さん:
どうやって簡単に抜けるか、力の弱い人でも使えるか。誰かに偏るんじゃなくて、どんな人でも

ポイントは簡単に柵を取り外せること。道具を使わずに、力のない女性や子供でも使えるようにした。

コンクールに推薦した団体や県によると、中学生が社会性の高い問題に取り組んだこと、盗難対策と避難対策の観点から安全性・防犯性、2つを兼ね備えたこと、それにクランプを取り入れた構造が評価された。

製作期間は1か月ほど。車庫を改装した工房で、配管工の父親に技術的なフォローをしてもらいながら、母親の意見も聞き、家族で相談しながら作った。

硝子店社長「メーカーに見せたい」…建設業界の人間ではまず思いつかない発想に驚き

中学生が考案したこの格子柵をプロはどう見るのか。格子窓などを扱う硝子店で聞いた。

市販されるものは防犯のみを目的とするため接着しながら固定し、全部外からつけられていて、室内から取り外しできるものは見たことがないと言う。

硝子店の社長:
すごいなと、壁に穴をあける感覚が、建設業界の人間にまずない発想。到底思いつかなかったですね。メーカーに見せたいですね

銀賞を受賞したことに両親は…

父親の祐樹さん:
びっくりですね。まさか、そこまでいけるとは思ってなかったので

母親の頼子さん:
「もうやめたら」と思うくらい夜遅くまで続けて。「よくがんばったね」って素直にほめてあげたい

命を守るためのものがなぜ命を奪うのか…発案のきっかけは“京アニ放火事件”

プロも驚くこの龍樹君の発明品。その発案は、2019年の京都アニメーションの放火事件にあった。

龍樹さん:
窓から逃げようとした人が、防犯用の格子柵に阻まれて逃げ出せないことが…。「なぜ、命を守るための防犯用の格子柵が、逆に命を奪う形になっているんだろう」と

命を守るためのものが、逆に命を奪う…その疑問を突き詰めた結果、この格子柵が生まれた。

龍樹さんは小学2年生の時、図工の授業で創る喜びを知って以来、「困っている人の意見」をきっかけとして発明を続けてきた。

祖父「常に困っている人の事を思ってくれて嬉しい」…世の中の役に立つ発明を続ける中学生

困っている人の立場でモノをつくる、子供とは思えない発明品は他にも。

10歳の時、母親からのリクエストで作った伸び縮みするテーブル。

炊飯器を置く収納台のレールからヒントを得て、ばね付きの金具で簡単に固定できる、使い勝手のいいテーブルだ。

また、普通のものの5~6倍はある黒い大きな将棋盤も。

龍樹さん:
おじいちゃんが弱視で目に見えにくく…。置くと、黒の盤に白なので分かりやすくて

目の悪い祖父のためにと、小学2年生の時に作った。龍樹君は将棋盤が大きすぎて、対局しづらいのが難点だったと振り返るが、大阪に住む祖父は…

祖父の原田熱士さん(79):
嬉しいですよ。絶えずそういう風に思ってくれているからね。人の役に立つようなものを考えてくれたらいいなと

父親にとっても自慢の息子だ。

父親の祐樹さん:
好きなことをなんでも自由にやらせていますので、どれか一つ伸びてくれればいいなと

「自由に好きなことを」その方針が若き発明家を生んだ。龍樹君は将来、プログラマーを目指しているというが、発明は続けていきたいと話す。

龍樹さん:
どんな小さな案でも広げていけば、必ず世の中の役に立つようなものができるので。困っている人のため

若き発明家は困っている人を助けるため、これからも発明を続ける。

(東海テレビ)