今や島の有名人…キッチンカーで移動しながらステーキを焼く若き日本チャンピオン

これまで数々のステーキコンテストでチャンピオンに輝き、「ステーキ王」とも呼ばれる東大介さんは、新型コロナウイルスの拡大が始まった2020年4月、愛知・南知多町の離島・篠島に移住した。

今は、篠島で豪華なバーベキューを振る舞う東さん。
東さんが島に移住した理由は、旅行で訪れた際に出会った篠島の人々との絆だった。

この記事の画像(32枚)

愛知・南知多町の師崎漁港から船で10分。人口1600人ほどの離島・篠島。

東大介さん(25)は、ステーキの焼き方を競い合う大会で、幾度も優勝している日本チャンピオン。

その腕前を生かし、調理機材を積んだトラックで移動しながら、バーベキューを振る舞う。

この日は、海の見えるカフェの駐車場を借りて、予約のあったお客さんを待つ。
すると、通りがかりの島の人から…

島の人:
テレビ見た。今日はここで、実演やっとるのかね?うまそうな肉やったもんねぇ

島ではすっかり有名人だ。

すると、お客さんがやってきた。アウトドア好きのグループ。東さんの焼くステーキをぜひ食べたいと、名古屋からやってきた。

肉の温度が57度になれば焼き上がりのサイン…チャンピオンの繊細かつ迫力満点のステーキ

東さんの使う調理道具は、全てアメリカ製。アメリカの方が日本より、バーべキューの道具が進んでいるため、鉄板はもちろん、すべてアメリカ製にこだわる。これで焼くと仕上がりがまったく違うとのこと。

東さん:
リブロースという背中の肉です。脂と赤身が良い感じに入っているお肉です

鉄板に肉を置くと、すぐにふたをしめた。蒸し焼きにすることで、中まで絶妙に火が通る。焼く時間もしっかり計測。2分ちょうどで裏返す。

片面2分を計4回。手間は省かない。
肉の温度を測り、57度になれば焼きあがりのサイン。

この後、5分寝かせたら出来上がりだ。
表面はしっかり焼けているのに、断面はきれいなピンク色。

男性客:
めっちゃうまい。柔らかい

別の男性客:
チャンピオンステーキ

1日1組限定…篠島ならではの食材と季節のシーフードを堪能

その他、肉汁たっぷりのハンバーガーに、篠島であがったいわしのアヒージョ。

迫力満点の、ワタリガニが入った海鮮パエリアなどが続く。

もちろん焼き手は東さん1人。お客さんに付きっ切り。そのため1日1組限定。

つまり、その日限りはステーキのチャンピオンを独占できる。これだけの料理がついて、1人7000円。

女性客:
篠島ならではの食材と季節ごとのシーフードと、チャンピオンが焼くステーキ、最高の組み合わせ。今日来てよかったです

「新型コロナ」で訪れた人生の転機…島民の温かさに触れ、移住を決めたステーキ王

チャンピオンの腕を持つ東さん。生まれは篠島ではなく、愛知・武豊町だ。

東さん:
映画の「ワイルドスピード」のバーべキューシーンを見て、良いなあと思って、趣味で始めたのが楽しくて

趣味で始めたバーベキューだったが、その後 腕を磨き、数々の大会で優勝する日本チャンピオンに。その彼が、なぜ篠島に住まいを移したのか。

東さん:
篠島に遊びに来たら面白い人ばかりで。見た目は怖いんですけど、優しい人が多くて…

2019年 旅行で訪れた際、島民と親しくなり、その温かみを知った。当時は、キッチンカーでステーキやハンバーガーを販売しながら全国を回る準備中だった。

ところが、新型コロナの影響で断念。
そんな時、篠島の漁師さんから「コロナで島の人も外食に行けなくなってしまったから、島でステーキやハンバーガーを販売してほしい」と頼まれたという。

おいしい肉を食べて笑顔になって欲しいと、4月に島への移住を決めた。

地元の漁師「島を愛しとるし、島にも愛されとる」…バーベキューで島への貢献を願うステーキ王

東さんにはもうひとつの顔がある。
港にやってきて、船に乗り込むとそのまま海へ。

船を走らせること数分。見えてきたのは牡蠣の養殖をするいかだ。

東さんは、バーべキューの予約がない日はカキの養殖やシラス漁に出て、漁師さんを手伝っていた。

一緒に漁に出たのは、漁師の新美さん。東さんが島に来るきっかけにもなった人だ。

新美さんに、漁のことをイチから教えてもらっている。
さらに、バーベキューで客に振る舞う取れたての魚介類を、新美さんが持ってくることもある。これがお客さんにも大好評だ。

海の上では、ステーキのチャンピオンも見習いの身。そんな彼を、新美さんはどう見ているのだろうか。

新美さん:
島を愛しとるね、島にも愛されるしね。そういう子じゃないと島にはおれん、なかなかいねぇよ、こういうタイプは

すっかり、島の人たちと馴染んでいた。
三河湾に浮かぶ篠島。そこには、日本一のステーキチャンピオンと、彼を愛する島民の姿があった。

東さん:
すごくよくしてもらっているので。牡蠣だったりいろんな食材が、バーベキューに相性が良いので、ここを拠点にバーベキューで島に何か貢献できたらと思っています

東さんのバーベキュー「篠島プレミアムBBQ(予約制)」は10人以上から予約が可能。 基本は1人7000円だが、食材をもっと豪華にしたいという相談にも応じてくれる。

バーベキューを行う会場は、いくつかの候補の中から、東さんが天候などの状況によって決める。後片付けもすべてしてくれるので、手ぶらで楽しめる。

(東海テレビ)