40年前は3軒か4軒…今や、駅から1km圏内に18店もの美容院の謎

この記事の画像(15枚)

駅から1㎞の狭い範囲に美容院が乱立する、名古屋市名東区の本郷・藤森地区。
この狭いエリアになぜか美容院が集中しているのか…

名古屋市の東の端、名東区。地下鉄東山線の終点・藤が丘駅の一つ手前、本郷駅の周辺にはどのくらいの美容院があるのか?
歩いてみると、1km圏内で18店舗も見つかった。確かに美容院だらけだ。

新しそうなお店から、歴史がありそうな老舗まで、オープンのタイミングも様々のようだ。

一体、なぜこんなに美容院が多いのか。
昭和54年から営業している、この辺りでは一番の老舗の美容院のオーナーに話を聞くと…

本郷周辺の老舗美容院のオーナーA:
(理由はわからないが、自身は)地下鉄の駅から近く、住宅地がこれから開けるっていう所だったから。開店当時は(美容室は)3軒か4軒

多い理由はわからないが、自身は地下鉄の駅から近く便利な場所だから、ここにお店を出したという。

一方、新しいお店に聞いてみると…

本郷周辺の美容院のオーナーB:
高速道路とか駅も近いし、便利で住みやすいから、人も増えて美容院も増える感じかな

聞こえてきたのは立地の良さ。地下鉄東山線の本郷駅があり、大通りの「東山通」も通っていて、すぐ近くには東名高速の名古屋インターや、名二環のインターまで。
アクセス抜群で、お店にとっては好立地といえる。

新規の客が見込めるメリット大…マンションも乱立“転勤族”が多いエリア

なぜ「美容院」だけが増えたのか。さらに別の店にも聞いてみると…

美容院のオーナーC:
名東区って転勤の方が多いので。例えば、若いスタイリストがデビューする時に新しいお客様じゃないと付かないので、そういうメリットはかなりあると

美容院は「一度お店を決めたらずっとそこ」という固定客が多く、そんな中、新規の顧客が見込める「転勤族エリア」は確かに狙い目だ。

ちなみにどれくらい転勤族が多いのか。本郷駅前の不動産の店で聞いてみた。

本郷駅前の不動産事業者:
すごいものですと、11所帯のマンションが、1年間で6所帯くらい入れ替わりました。美容院、異常なほど多いです、石投げれば美容院に当たりますよね

この5年で転勤族向けのマンションがいくつか建ち、さらに美容院は増えた。

カリスマ美容師ブームで美容師に…この数年で開業したオーナーが皆アラフォーな理由

本郷駅周辺の美容院のオーナーと話していて、気になることが…

美容院のオーナーD:
(Q年齢は?)39歳です

美容院のオーナーE:
いま、僕43歳です

調べていくと、この数年 本郷にオープンしたお店のオーナーは、多くがアラフォー世代。

この世代は「カリスマ美容師ブーム」が若い頃にあり、大学よりも倍率が高い美容学校もあった。

平成の「カリスマ美容師」ブーム。彼らに憧れ業界に入り、藤が丘や栄など人が多く集まるエリアで、長年修行を積んだ美容師たちが、ちょうど今40歳前後になって、独立するタイミングになっている。

美容院のオーナーE:
藤が丘で働いていて、そこから本郷に移動してきて店を開きました。本郷は大きい美容院がなくて、割と個人店が多いので、それで思い切って出しちゃってもいいかなと

藤が丘など大きな街と比べて、初めて持つ店として、ちょうどいいサイズの物件があるため、本郷に集まっていた。ライバルが多いというのも、まだ若き彼らにとってはむしろ刺激になっていた。

美容院のオーナーF:
(ライバルが多いと)お客さんの求めるレベルが高いですよ。その点が刺激になったりとか、意欲につながる。努力しますよね

地下鉄本郷駅周辺に美容院が多い理由は、駅やインターが近くアクセス抜群なこと。転勤族が多く、新規の客を獲得しやすいこと。
そして、平成のカリスマ美容師ブームの影響を受け、栄や藤が丘などで働いていた美容師が、独立するタイミングを迎え、自分の店を出すのに丁度良いサイズの街であることだった。

(東海テレビ)