世界に負けない教育

経済も教育も世界をリードしていたはずの日本。しかしいつのまにか、日本の教育は「時代遅れ」「グローバル人材が育たない」と批判される事態に。果たして何が問題なのか。世界に負けない教育を考える。

“タブレットいじめ”があっても一人一台端末を止めてはならない

“タブレットいじめ”があっても一人一台端末を止めてはならない

鈴木款
国内
「あなたの家にはどれくらい本がありますか」子どもの学力と家庭環境の関係が明らかに

「あなたの家にはどれくらい本がありますか」子どもの学力と家庭環境の関係が明らかに

鈴木款
国内
小学校の体育も「教科担任制」へ…その先に見えるのは“中1ギャップ解消”か

小学校の体育も「教科担任制」へ…その先に見えるのは“中1ギャップ解消”か

川田梨江子
国内
「教師の残業はなぜ減らないのか」埼玉県教員超勤訴訟からみえるものは

「教師の残業はなぜ減らないのか」埼玉県教員超勤訴訟からみえるものは

鈴木款
国内
“投げない”“ふまない”レノボが小中学生向けにパソコン解説動画公開…ここまで丁寧な理由を聞いた

“投げない”“ふまない”レノボが小中学生向けにパソコン解説動画公開…ここまで丁寧な理由を聞いた

プライムオンライン編集部
暮らし
子どもの1人1台端末は“市の備品”ではなく「未来のツール」 GIGAスクール開始

子どもの1人1台端末は“市の備品”ではなく「未来のツール」 GIGAスクール開始

鈴木款
国内
「100年に1度の歴史的経験だからこそ」コロナ禍で新しい学びを進めた埼玉県戸田市の選択

「100年に1度の歴史的経験だからこそ」コロナ禍で新しい学びを進めた埼玉県戸田市の選択

鈴木款
国内
「先生という仕事は輝かないといけない」先生と子どものマインドセットを変える“正解なき探究学習”とは

「先生という仕事は輝かないといけない」先生と子どものマインドセットを変える“正解なき探究学習”とは

鈴木款
国内
萩生田文科相が目指す「令和の教師像」とは?

萩生田文科相が目指す「令和の教師像」とは?

鈴木款
国内
「#教師のバトン」萩生田文科相に真の狙いと覚悟を聞く

「#教師のバトン」萩生田文科相に真の狙いと覚悟を聞く

鈴木款
国内
【菅政権への提言】少人数学級の実現には、質の高い教員を確保するための教員免許法改正が必要だ

【菅政権への提言】少人数学級の実現には、質の高い教員を確保するための教員免許法改正が必要だ

中室牧子
国内
「少人数学級の課題は教員の“数と質”」カギは教員免許法改正…小学校が2025年度までに35人学級へ

「少人数学級の課題は教員の“数と質”」カギは教員免許法改正…小学校が2025年度までに35人学級へ

鈴木款
国内
学力全国トップの秋田県は19年前から少人数学級を導入 伸びたのは学力だけではなかった

学力全国トップの秋田県は19年前から少人数学級を導入 伸びたのは学力だけではなかった

鈴木款
国内
集中力が持続しない人へ…東大生が工夫する「オンライン授業」を受けるための心構え

集中力が持続しない人へ…東大生が工夫する「オンライン授業」を受けるための心構え

西岡壱誠
暮らし
大学入試、対面授業再開、9月入学問題...萩生田文科相に覚悟と決意を問う

大学入試、対面授業再開、9月入学問題...萩生田文科相に覚悟と決意を問う

鈴木款
国内
1人1台端末、30人学級、わいせつ教員問題...萩生田文科相に覚悟と決意を問う

1人1台端末、30人学級、わいせつ教員問題...萩生田文科相に覚悟と決意を問う

鈴木款
国内
子どもに1人1台端末の「地域格差」はなぜ生まれるのか…ICT最下位から3年でトップを目指す熊本市の挑戦

子どもに1人1台端末の「地域格差」はなぜ生まれるのか…ICT最下位から3年でトップを目指す熊本市の挑戦

鈴木款
国内
“分身ロボット”が動き回り、リアル学生と一緒に勉強する「アバター授業」開始…そのメリットを聞いた

“分身ロボット”が動き回り、リアル学生と一緒に勉強する「アバター授業」開始…そのメリットを聞いた

プライムオンライン編集部
テクノロジー
「アメリカ・香港に集まる留学生を日本に呼び込む絶好のチャンス」出口治明氏が解き明かすポストコロナの教育【後編】

「アメリカ・香港に集まる留学生を日本に呼び込む絶好のチャンス」出口治明氏が解き明かすポストコロナの教育【後編】

鈴木款
国内
休校中にオンライン授業を行った公立学校はわずか5% 「やらず嫌い」の先生はスマホと三脚の準備を

休校中にオンライン授業を行った公立学校はわずか5% 「やらず嫌い」の先生はスマホと三脚の準備を

鈴木款
国内
×