コロナ感染した子どもに“手足の腫れ” 血管が炎症、悪化すると心筋炎や心筋梗塞の恐れも【高知発】
感染拡大… 新型コロナウイルス

コロナ感染した子どもに“手足の腫れ” 血管が炎症、悪化すると心筋炎や心筋梗塞の恐れも【高知発】

高知さんさんテレビ
高知さんさんテレビ
国内

「ヨーロッパ皮膚病性病学会」が公表した、ヨーロッパのコロナ感染者の足の写真。
足先が赤くはれて、水膨れがみられる。これは血管の炎症がみられる「血管炎」という症状。

この記事の画像(10枚)

こうした症状が出るコロナ感染者が欧米で増えていて、日本でも確認されていることがわかった。この症状はMIS-Cと呼ばれ、あまり知られておらず、周知を図るべきと高知市の医師が警鐘を鳴らしている。

「MIS-C」と川崎病との共通点

高知市のつちばし医学研究所で、コロナウイルスの遺伝子を解析・分析する武市牧子医師。
ヨーロッパのコロナ感染者の足の腫れを見て…

つちばし医学研究所・武市牧子医師:
これは足の末端が炎症を起こした状態で、かなりひどい。血管の炎症があることは、コロナの症状の一つとして認識されなければいけない

ーーこれがコロナの症状の一つ?

つちばし医学研究所・武市牧子医師:
そうです。血管炎がヒントになることもある

熱や咳を伴って、主に手足が赤く腫れる…こうした症状は欧米のコロナに感染した子どもに増えていて、2020年  多系統炎症性症候群「MIS-C」と名づけられた。

MIS-Cは、コロナウイルス感染症の合併症として主に子どもに現れる。
その症状の一つが主に手足のはれ。
MIS-Cを発症した12歳のヨーロッパの少女の写真。手だけでなく、首筋や背中も赤くはれている。こうした体のはれは動脈の炎症が原因とみられ、悪化すると心筋炎や心不全、心筋梗塞を引き起こすおそれもある。

このMIS-Cの症状は子どもが発症する川崎病に似ているため、日本川崎病学会は共通する原因がないか研究を進めている。

アメリカでは大人にも似た症状が…

日本川崎病学会・鮎沢衛副会長:
アメリカで川崎病に似たコロナウイルス患者の発生率は、1,000人に1人と言われている。日本ではおそらく10例前後、アジア人にはなぜか少ない。最近、実はアメリカでは大人でも似たような症状の方が出てきている。日本でもこれから出てくると思う

鮎沢医師によると、MIS-Cの症状が最近では大人にも出ることが世界で確認され始めていて、これはMIS-Aと呼ばれている。
日本でも、すでにMIS-Aの疑いがある患者が報告されているという。

しかし、これらの病名や症状は医療現場ではあまり知られていない。
高知県内のコロナ感染者・累計2,000人をみても、手足が赤くはれるなどの症例は報告されていない。

ただ、日本川崎病学会の鮎沢医師は「第5波で、これからMIS-CやMIS-Aの患者が出てくる恐れがある」と話している。

また、高知市の武市医師は「発熱や咳などに伴い、皮膚の腫れなどが出た場合、コロナの検査を受けることで感染の発見率が上がる。予防策として若者にワクチンを接種してほしい」と話している。

MIS-Cの症状はごくまれだが、再び感染が急拡大している今、知っておくことが何より重要となる。

(高知さんさんテレビ)

高知県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>

感染拡大… 新型コロナウイルスの他の記事

新型コロナ 全国の重症者は294人 200人台は去年11月以来

新型コロナ 全国の重症者は294人 200人台は去年11月以来

国内
「焼酎は何杯でも無料」の店も…かつての活気取り戻すため、工夫…

「焼酎は何杯でも無料」の店も…かつての活気取り戻すため、工夫…

ビジネス
コロナ禍で苦しむ

コロナ禍で苦しむ"子育て家庭と飲食店"…2つをつなぐ「無料弁当…

国内
“第6波”の感染者増加に備え...三重県が始めた「無料PCR検査」 …

“第6波”の感染者増加に備え...三重県が始めた「無料PCR検査」 …

国内
新型コロナ 東京都で新たに29人の感染確認 今年最少、20人台は…

新型コロナ 東京都で新たに29人の感染確認 今年最少、20人台は…

国内
明治から続く名物駅弁「東海軒の鯛めし」 

明治から続く名物駅弁「東海軒の鯛めし」 "冷凍”で全国のファ…

話題
一覧ページへ
×