厚生労働省によると、全人口の1~2%の人が、何らかの「食物アレルギー」を持っているものと考えられている。

この食物アレルギーの中で、ここ最近、クルミやカシューナッツなどの「木の実類」で食物アレルギーを起こす人が増えているという。

これまで、日本人の食物アレルギーの3大原因は「鶏卵」「牛乳」「小麦」だったが、最新の調査で、初めて「木の実類」が「小麦」を抜いたことが分かった。

調査は、国立病院機構相模原病院の海老澤元宏・臨床研究センター長らが2020年、全国の1089人のアレルギー専門医らを対象に実施した。

この調査で、食べて60分以内に症状が出た「即時型食物アレルギー」を発症したケースをみると、原因の1位は「鶏卵」(33.4%)、2位は「牛乳」(18.6%)、3位は「木の実類」(13.5%)、4位が「小麦」(8.8%)だった。

3位以内に「木の実類」が入ったのは、今回が初めてだ。

即時型植物アレルギーの原因食物・2020年調査(提供:国立病院機構相模原病院の海老澤元宏・臨床研究センター長)
この記事の画像(5枚)

ちなみに、前回・2017年の実施調査では、1位「鶏卵」(34.7%)、2位「牛乳」(22.0%)、3位「小麦」(10.6%)、4位「木の実類」(8.2%)だった。

即時型植物アレルギーの原因食物・2017年実施調査(提供:国立病院機構相模原病院の海老澤元宏・臨床研究センター長)

「木の実類」の内訳を見ると、「クルミ」が最も多く463件だった。

【「木の実類」の内訳】

クルミ:463件
・カシューナッツ:174件
・マカダミアナッツ:45件
・アーモンド:34件
・ピスタチオ:22件
・ペカンナッツ:19件
・ヘーゼルナッツ:17件
・ココナッツ:8件
・カカオ:1件
・クリ:1件
・松の実:1件
・ミックス・分類不明:34件

「クルミ」の件数は2017年実施調査(251件)の約2倍、2011年実施調査となる11年前(40件)の10倍以上に増加。

「クルミ」はアナフィラキシーショックになったケースが58件あり、こちらは11年前(4件)の約14倍に増加した。

「ここまで木の実類が増えてきたことに驚いています」

「クルミアレルギー」が11年前に比べて急増しているのだが、理由としてはどのようなことが考えられるのか? また、自分が「クルミ」のアレルギーかどうかはどのように判断すればよいのか?

国立病院機構相模原病院の海老澤元宏・臨床研究センター長に話を聞いた。


――「木の実類」で食物アレルギーを起こす人が増えている、という認識で間違いない?

3年ごとの調査で経年的に増加していますので、間違いありません。


――「木の実類」が「小麦」を抜いたこと、どう受け止めている?

ここまで、「木の実類」、特に「クルミ」と「カシューナッツ」が増えてきたことに驚いています。


――「木の実類」が「小麦」を抜いた。この理由として考えられることは?

「鶏卵」「牛乳」「小麦」は定常状態(=一定の状態を保っていて変わらないこと)にありますので、「木の実類」が急増してきたからだと思います。

イメージ(木の実類)

――「木の実類」の食物アレルギーの特徴は?

他の食物アレルギーと同じように、皮膚、粘膜、呼吸器、消化器の症状があり、比較的、症状が重篤になりやすいのが特徴です。

「本質的な理由は未だに分かりかねています」

――「木の実類」の内訳をみると、「クルミ」が多く、11年前の10倍以上に増えている。この理由としては、どのようなことが考えられる?

「消費量の増加」が考えられます。この10年で2倍程度に増えています。ただ、本質的な理由は、未だに分かりかねています。

イメージ(クルミ)

――自分が「クルミアレルギー」かどうかはどのように判断すればよい?

「クルミ」を食べて、何らかの症状が出たことがあれば、医療機関で「IgE抗体検査(血液検査または皮膚テスト)」をすべきかと思います。


――子どもに「クルミ」を食べさせるのが心配な人は、どうすればよい?

他の食物アレルギーがある方は、事前に「IgE抗体検査」をしてみるべきだと思います。問題のない方は、少量から与えてみてはいかがでしょうか。


近年、急増している「クルミアレルギー」。急増の確かな理由は分かっていないのが現状だ。「クルミ」を食べて何らかの症状が出たことがあるという方は、まずは、医療機関で検査を受けてみてほしい。