映画の公開直前イベントに斎藤工さんら登場

俳優の斎藤工(38)さんが主演する映画「8日で死んだ怪獣の12日の物語」の公開直前イベントが、7月28日に東京・東新橋で行われた。

斎藤工
(コロナ禍で)失うだけじゃなく、こうやって作品が生まれるというひとつの大いなる実態だと…

この映画は、コロナ禍でも最新のエンターテインメントを届けたいという思いから、岩井俊二監督、斎藤工さん、武井壮さん、樋口真嗣さんがタッグを組んで製作した作品の劇場版。

通販サイトで、コロナと戦ってくれるというカプセル怪獣を買った主人公が、さまざまな人と交流しながら怪獣の成長を毎日配信するという物語。

今回は監督としてではなく、原案兼本人役で出演した樋口真嗣さんは、メガホンをとった岩井俊二監督について...

樋口真嗣:
ついに岩井さんも怪獣映画を作る日がきたという。岩井さんが作った怪獣映画ってこうなるんだっていう...もう、その思いで胸がはち切れそうな思いですね

自粛期間はコンビニも自粛 “迷ったときは全部ポトフ”!? 

イベント終了後、めざましテレビの鈴木唯アナウンサーがインタビュー。

ほぼ全編リモートで製作された今回の映画。自宅から撮影に参加した斎藤さんは...

鈴木唯アナウンサー
絵作りも、全部斎藤さん?

斎藤工
岩井さんにロケハン資料として写真を送るんですね。さりげなく、岩井さんにバレないように…

斎藤工
自分の監督作のポスターが奥に映っていたり(笑)

斎藤さんは外出自粛期間中、コンビニエンスストアに行くのも控え、食材はオンラインの宅配を頼んでいたのだとか。

斎藤工
野菜はけっこうランダムなんですよ。毎週水曜日の午前中に“らでぃっしゅぼーや”から。普段なかなか料理しかねる食材がドンと届いたりするので…

鈴木唯アナウンサー:
へえ~!

斎藤工:
どうしようって迷ったときは、全部ポトフ(笑)

斎藤工:
ニンニクのポトフがベストマッチでしたね

ここで、鈴木アナに逆質問。

斎藤工:
唯さんはどうされています? 余った野菜

鈴木唯アナウンサー:
あっ...わたしあの...実家でして(笑)...お恥ずかしながら

斎藤工:
いや全然恥ずかしくないですよ

鈴木唯アナウンサー:
全て家族がやってくれる...

斎藤工:
なるほど・・・

ステイホーム中には 大先輩の“木目”と会話!? 

また斎藤さんは、ちょっと変わったステイホーム時間を過ごしていたことをイベントで明かしていた。

斎藤工:
木目と話したり、壁の傷と話したりしていたので...

イベント後、詳しく聞いてみた…

鈴木唯アナウンサー:
木目に、なんか話しかけていた?

斎藤工:
そうですね。会場がだだ滑りした(笑)

斎藤工:
すごく静寂が訪れて…

鈴木唯アナウンサー:
ちょっと、(ここに)木目がありますが?

斎藤工:
いやいやいや、実践が一番しんどい(笑)

鈴木唯アナウンサー:
え~!(笑)いや、すごく気になるんです

斎藤工:
木目っていうのは、おそらく僕よりは大先輩なので敬語です

鈴木唯アナウンサー:
あ~

斎藤工:
見守ってくれる対象というか、模様というか

斎藤工:
軽部(真一キャスター)さんというか(笑)

鈴木アナは、この後も「木目とお話しする姿を見たい」とお願いしたが、「みんな引くと思う」ということだった。

一方、めざましテレビのスタジオでは…

鈴木唯アナウンサー:
そんな見守ってくれる優しさが軽部さんにあるんですか?って、私思わず言ってしまったんですけど、そうしたら斎藤さん、軽部さんの優しさを熱弁していました

軽部真一キャスター:
ほんと?ありがたい!そこ使ってほしかったなぁ

鈴木唯アナウンサー:
それはいらないですよ(笑)

劇場版「8日で死んだ怪獣の12日の物語」は、7月31日に公開される。

動画で見る

(めざましテレビ 7月29日放送分)