大好きなスシの後のデザートはアイスクリーム!
ロッテの主砲ブランドン・レアード(32)が、2試合連続の3号となる先制3ランで、チームを4連勝に導いた。

初回1死1・2塁、レアードは「いい球が来たので、しっかり反応できた」とオリックスの先発・K-鈴木(26)の145キロのストレートを捉えた。高々と上がった打球はレフトスタンド上段に設置されたロッテの人気アイス『雪見だいふく』の看板を直撃した。

この記事の画像(4枚)

ZOZOマリンではホーム開幕戦の23日から無観客試合を盛り上げるための「ロッテアイス・ホームランターゲット」企画を実施。ツイッターでどの看板にホームランが当たるか予想を的中した5人にアイスがひと夏分(90個)プレゼントされる太っ腹企画で、打ったレアードも『雪見だいふく』ひと夏分を獲得した。

甘い球と甘いアイスクリームが大好きなレアード。「当てた時はアイスクリームをもらえることを知らなったので、ベンチに戻った時に聞いて嬉しく思った」と大喜び。

また、ホームランを打った後の”スシパフォーマンス”でお馴染みのレアード。
新型コロナウイルス感染拡大を受けて、今季のパフォーマンスに改良を加えた。
魚を釣るポーズから手洗い。さばいて手洗い手洗いをしてから握って、へい、お待ち!とファンに感染防止策も訴える。

これで開幕5試合でホームラン3発。
頼れる主砲に、井口資仁監督(45)は「このまま1年いって欲しい」と期待を寄せた。