東京都の感染者は55人…“解除”から2週間で

6月24日に東京都で新たに確認された新型コロナウイルス感染者は55人。
職場クラスターが発生し、東京アラートが解除されてからわずか2週間で、感染者の数が50人を超えた。

また、北海道では昼カラオケでクラスターが発生した。
果たして、第二波が間近に迫っているのだろうか。

小池百合子東京都知事:
非常に多い。
(感染者数)55という数字は5月のはじめから最多の数字です。最初聞いたとき驚きました

ーーこれは第2波ではない?

東京都・小池百合子知事:
専門家の方々に、分析をお願いしたいところです

6月24日に東京で確認された55人の中には、気になる集団感染があった。

同じ会社から16人感染…”職場クラスター”発生

小池百合子東京都知事:
職場内が9名確認された。7+9で16人、1つの会社から出たということです。
職場の中、会社の中というより、外かどこかの会合場所、仕事をしている間ではなく、それ以外のところということのようです

東京都によると、55人の感染者のうち、9人は都内の人材派遣会社の同僚だという。
この会社では、6月23日までに7人の感染が確認されているため、感染者は合わせて16人になった。
これは、いわゆる"職場クラスター”。

職場クラスターが発生したことについて、街の声は…

20代女性:
(クラスター)起きちゃうのはしょうがないと思うけど、ちょっと怖い

リモートワーク中の40代女性:
感染は避けたいけど、街中も活気づいてきたし、あまり不安、不安と思いたくない

北海道・小樽市では”昼カラ”でクラスター発生

集団感染、クラスターの発生は職場だけではない。
北海道・小樽市は、昼間からカラオケが楽しめる飲食店でクラスターが発生したと発表した。

小樽市・迫俊哉市長:
9名の新型コロナウイルスの感染者が確認されました

感染したのは、市内在住の60代から80代の男女9人。
そのうち、7人は同じカラオケサークルに所属しており、いわゆる昼カラの利用客だ。

この"昼カラクラスター”の一報に、感染者が出ていない小樽市の別の昼カラの店は…

カラオケ喫茶「花美人」・安井啓子さん:
さっきビックリしました。ショックですね。小樽は出ないでほしいと願ってましたけど

カラオケ喫茶「花美人」では、客同士が間隔を空けて座るほか、歌うときもマスク着用。

さらに、客が使ったマイクには感染防止対策を行っていた。

常連客:
マイクは5本ある、1人ずつ同じマイクで回さない。
(1人1本を使用?)
基本的に

また、マスクにつけたカバーは使い捨てだという。コストは掛かるがこれも予防のためである。

カラオケ喫茶「花美人」・安井啓子さん:
来ていただくお客さまを大事にしたい

「第2波に備えて政府が主導を」

政府の専門家会議は6月24日に開いた会見で…

政府の専門家会議・脇田座長:
これが次の第2波の流行拡大になるかどうかということは、しっかり見極めて。
クラスターがあれば、早期に対応・対策をしていくことが重要であると考える

また、会見で「専門家としての責任感や危機感の強さから、”前のめり”になって国民に情報を伝えようとした」としたうえで、第2波に備えて政府が主導して行うよう求めた。

「元に戻す」意識への警告か

加藤綾子キャスター:
色々なところでクラスターが発生しているということで、心配ですね

風間晋フジテレビ解説委員:
そうですね。
特に、職場クラスターなど詳細は明らかではないですが、緊急事態宣言が解除されたからといって、テレワークとか会合自粛とかを「元に戻すではないんだよ」という警告かなと思います

風間晋フジテレビ解説委員:
私たちは、往々にして何か「元通りに」という風に、無意識に行動したり考えたりしがちなんですけど、この新型コロナと共に生きるということは「元通りにとは通用しないことなんだよ」ということを再確認する必要がありそうだなと

加藤綾子キャスター:
本当にそうですね。withコロナっていうのもちょっと嫌ですけど、嫌でもコロナが近くにいると考えると、やっぱり「元に戻すんじゃないんだ」っていうのを、もう一度しっかりと意識しないと、また感染拡大を招きますよね

(「Live News it!」6月24日放送)