いつの間にか一緒に…飼い犬と野良猫の共同生活

犬と猫。
種類も違うし、それほど仲良くなることもなさそうだが、飼い犬と野良猫が、なぜかひとつ屋根の下で仲良く暮らしているという家が、福岡・久留米市にある。

犬が出てきた小屋の中を覗いてみると、そこにはなんと猫の姿が…
そばには子猫たちの姿もあった。

ここは、福岡・久留米市の小林さん宅。
この猫は小林さんが飼っているわけではなく、2019年の暮れにやってきた野良猫なのだ。
いつの間にか犬小屋で一緒に暮らすようになり、子猫もここで生まれた。
この様子を、専門家に見てもらった。

福岡市動物園 動物相談員・安河内清文さん:
一緒に飼っていれば、仲良くする犬や猫もいるんです。だけど、出産を犬小屋の中でするというのは非常に珍しいんじゃないんですかね。とても気を許してるという気はします

小林さんの自宅を訪ねてみると…

小林信吉さん:
これがテツ。オスです。奥にいるのが、今 お乳をやっているのがタマちゃん

くりっとした目が特徴のテツは、オスの雑種。
一方、白い毛に緑と水色の瞳が印象的なタマはメス。
4匹の子猫たちは、犬小屋でリラックスした様子だ。

小林信吉さん:
僕たちも、まさかここで産むっていうのは(考えられなかった)。普通、猫っていうのは誰もいないところで産むみたいなんだけれど、いつの間にか生まれて、テツが立ち会っている。タマと子猫を守っているような感じですね

守っている? 猫の親子に寄り添うテツ

犬のテツは、猫たちのそばを離れず見守る。
ご飯を食べるのも、タマと一緒。

タマが食べているのを確認しながら、自分も食べる。
タマが時々散歩に出かけるときは、テツが小屋の前でお留守番だ。

小林信吉さん:
やっぱり「守んなきゃ」っていうのがあるんでしょうね。不思議な犬です。自然にこうなったから、何かの巡りあわせかもしれない。ずっと仲良くなって、タマもここにいてくれたらうれしいですけどね

テツは、以前は他の野良猫が来たら追い払っていたが、タマだけこんなに仲良くなったという。

ひとつ屋根の下で暮らす、飼い犬のテツと野良猫のタマと、それに子猫たち。
これからも仲良く一緒に過ごす。

(テレビ西日本)