「Mining Furusato~ふるさと掘り起こし~」では、広島県内にある23の市町の地域情報をお届けする。

今回は、広島県の北東部、岡山県と接する神石高原町の魅力を深堀していく。

神石高原町の魅力について、神石高原町 政策企画課・田原真知子さんに伺った。

夏は涼しく…高原として親しまれてきた町

ーー田原さんは、生粋の「神石っ子」?

神石高原町 政策企画課・田原真知子さん:
わたしは、生まれも育ちも、就職、そして結婚、子育てもこの町とともに歩んできた、生粋の「神石っ子」です。

ーー神石高原町は、自然もいいですよね

神石高原町 政策企画課・田原真知子さん:
そうですね。鳥のさえずりであったり、今は田植えが終わって、新緑のいい香りに包まれています

ーー神石高原町の魅力について、まずは?

神石高原町 政策企画課・田原真知子さん:
まずは、こちら! 神石高原町の人口は8818人で、面積は約382平方キロメートルです!

ーー自治体が合併してできた町ですよね:

神石高原町 政策企画課・田原真知子さん:
そうですね。油木町、神石町、豊松村、三和町が合併し、神石郡「神石高原町」が誕生しました

ーー町の名前に高原がつくだけあって、標高も高い?

神石高原町 政策企画課・田原真知子さん:
神石高原町は、標高約400~600メートルにあり、中国山地に囲まれていて、「高原」の1つとして昔から親しまれています

ーーやはり涼しいですか?

神石高原町 政策企画課・田原真知子さん:
気温は、夏は福山市と比較し、5度くらい涼しいんです。冬は、積雪量は少ないのですが、県内でも一番寒くなることがあります

甘みが詰まった高原野菜…豊富な自然の恵み

ーー続いては?

神石高原町 政策企画課・田原真知子さん:
自然の恵みがいっぱい! 神石高原町の自然の恵みを生かしたふるさと産品がたくさんあります

ーー例えば、どういったもの?

神石高原町 政策企画課・田原真知子さん:
高原としての豊かな土壌・澄んだ空気、そしておいしい水…。高原特有の昼と夜の寒暖の差によって、甘みがぎゅっと詰まったおいしい高原野菜ができます! その1つがトマトです

ーー水がきれいだと、コンニャクも有名ですよね

神石高原町 政策企画課・田原真知子さん:
はい。神石高原特産の在来種のコンニャク生イモから作る製品は、味、香りとも良く、粘りが強く、コンニャク本来の食感が味わえます

ーー神石牛もおいしいですよね

神石高原町 政策企画課・田原真知子さん:
ありがとうございます。古くから和牛の名産地として知られる広島県。その中でも、全国に名を轟(とどろ)かせた神石牛は、広島県産牛の代名詞ともいえます。大自然の恵みを受けながら大切に育てられています

ーー本当に自然の恵みがいっぱいですね。

移住しやすい町! 子育てもしやすく待機児童なし

ーー続いての魅力は?

神石高原町 政策企画課・田原真知子さん:
「〇〇しやすい」があふれる町! 神石高原町は、子育て世代の移住促進に取り組んでいます。

ーー「子育てしやすい」町?

神石高原町 政策企画課・田原真知子さん:
それもあるんですけれど、例えば、移住しやすいです。空き家バンク制度や、定住型住宅地の分譲など、移住をお考えの方の希望に合わせたさまざまなプランで支援しています

ーー移住というと、教育面も気になりますね

神石高原町 政策企画課・田原真知子さん:
町内には、5つの保育所と民間の幼稚園が1つあり、子育てしやすい環境です。幼稚園・保育所の保育料を第2子からは、実質無償化しています。ちなみに、待機児童はいません。小中学校については、入学祝い金を支給するなど、子育てを強力にサポートしています

ーーそれはありがたいですね

神石高原町 政策企画課・田原真知子さん:
これらの移住・定住情報については、「神石高原 いなかぞく」というサイトを御覧になってください! 働きやすい! 生活しやすい! などの情報がたくさん載っています。また、これまで神石高原町に移住された方々の声や生活ぶりなども掲載しています

ーー移住された方の生の声は助かりますね

神石高原町 政策企画課・田原真知子さん:
こうした移住・定住促進活動により、これまで78組の方々が、神石高原町にいらっしゃいました

ーー最後にもう一押しPRお願いします

神石高原町 政策企画課・田原真知子さん:
本年度から「神石高原町ふるさと縁(ゆかり)応援隊」と言いまして、町の魅力発信やPRにご協力いただける方を大募集しています。町外の神石高原町出身の方はもちろん、町に縁のある方、興味を持ってくださった方など、どなたでも隊員になっていただけます。くわしくは、町のホームページをご覧ください

(テレビ新広島)

【関連記事:日本各地の気になる話題はコチラ】