駐車場に赤ちゃん遺棄「金銭的に厳しくて…」 

大阪・ミナミの駐車場で、赤ちゃんの遺体を遺棄した罪に問われた女の裁判が始まり、検察側は、懲役1年6カ月を求刑した。

この記事の画像(9枚)

起訴状などによると、住所不定・無職の吉田絵里佳被告(28)は、2022年6月に大阪市中央区日本橋のコインパーキングで、自分の赤ちゃんの遺体を紙袋に入れて遺棄した罪に問われている。9月12日午後4時から始まった裁判で、吉田被告は起訴内容を全て認めた。

被告人質問で吉田被告は、今回の犯行に至る経緯について語った。

吉田被告は北海道で暮らしていたが、実家の金を使ったことで母親とけんかになり、約2年前に大阪に来たということだ。売春などで生活費を稼いでいたが、2021年の夏ごろに妊娠。金銭的に厳しかったことや売春の後ろめたさから、病院を受診しなかった。

そして、2022年4月にホテルの一室で出産したが、泣き声を上げず動かなかったことから死んでいると思い、ビニール袋に入れるなどして、発見される6月まで持ち歩いていたということだ。

弁護側「出産後の行動は望まない妊娠が前提となった」

検察側は「実家を飛び出し、展望のない生活を送っていたことが原因」と指摘し、「悪質な犯行で酌量の余地はない」として懲役1年6カ月を求刑した。

弁護側は「妊娠の原因は売春の客が避妊しなかったことで、出産後の行動は望まない妊娠が前提だ」として執行猶予付きの判決を求めた。

被告は裁判の最後に、「亡くなった赤ちゃんに申し訳ない。毎日供養したいという気持ち」と話した。判決は9月26日に言い渡される。

“望まない妊娠”孤独を深める妊婦を救うには

金銭的に厳しかったことや売春の後ろめたさから、病院を受診せずに出産してしまったという吉田被告。自分が殺したと思われたくなくて、警察や病院に行けなかったとも語っている。

相談できる人が周りにおらず、孤独を深めた妊婦が赤ちゃんを遺棄してしまうという痛ましい事件は、今回に限ったことではない。
2022年9月には、和歌山・白浜町でも生後間もない男の子が遺棄されていた。

こういった、身寄りのない妊婦を支援するための窓口が存在している。兵庫県が事業を委託している24時間相談窓口「小さないのちのドア」だ。

孤立している妊婦のための妊娠相談に始まり、出産から産後までの居場所提供、住む場所や仕事を見つける支援も行われている。兵庫県の事業だが、全国から無料で相談を受けてくれる窓口だ。こうした支援があることを、ぜひ覚えておいてほしい。

「小さないのちのドア」電話:078-743-2403(24時間)

(関西テレビ「報道ランナー」2022年9月12日放送)