長野県王滝村出身の女子ラグビー元日本代表、藤本麻依子さん。現役を引退し、故郷の信州で教師を目指しながら、ラグビーの普及や選手育成にも意欲を見せている。アスリートの第二の人生を取材した。

W杯にも出場 教師は高校からの夢

楕円球を追って体をぶつけ合う高校生たち。5月21日に行われた春の高校ラグビー長野県大会、伊那北高校対長野高校の試合だ。

藤本麻依子さん:
バックス早めに外にパスを回してもいいかも

伊那北の選手たちに声をかける女性。この春からコーチを務める藤本麻依子さん(30)だ。

伊那北高校対長野高校のコーチを務める藤本麻依子さん(30)
この記事の画像(14枚)

藤本さんは女子ラグビーの元選手。2017年には日本代表「サクラフィフティーン」に選出され、ワールドカップにも出場した。2021年に現役を引退し、故郷の信州で第二の人生をスタートさせている。

藤本麻依子さん:
世界を経験した身としては、自分が持っている経験を教えながらどんどん普及に携わっていきたい

非常勤講師として保健体育を受け持つ(伊那北高校)

藤本麻依子さん:
子どもを何人、何歳の時にほしいかとか、考えるのが「家族設計」です

教壇に立つ藤本さん。この春、伊那市の伊那北高校の非常勤講師となり、保健体育を受け持っている。

藤本麻依子さん:
(最初は)ギクシャクしながら…今はなんとなく慣れてきました

提供:YOKOHAMA TKM

藤本さんは御嶽山の麓、王滝村出身。体を動かすのが好きで、高校と大学ではソフトボールに打ち込んだ。

ラグビーと出合ったのは大学4年の時。授業で体験してすぐにのめりこみ、卒業後は横浜のクラブチーム「YOKOHAMA TKM」へ。

藤本麻依子さん:
自分でタックルをして倒すというところが面白くて。ラグビーに出合って、すごく自分に合っているスポーツだなと

女子ラグビー日本代表当時の藤本麻依子さん(提供写真)

ソフトボールで養われたパワーや運動能力を買われ、競技を始めて約2年という早さで日本代表に選ばれた。

藤本麻依子さん:
国歌斉唱をするんですけど、日本を背負って戦いに来ているんだという思いとか、本当にラグビーをやっていてよかったなと

選手同士が激しくぶつかり合うラグビー。度々、足首やひざに大けがをした。周囲の支えもあって乗り越えてきたが、肉体的にも精神的にも限界を迎え、2021年7月に現役を引退した。

次の目標は教師になること。高校生の頃からの夢で、今後、採用試験に挑む予定だ。

藤本麻依子さん:
高校の時の部活の先生がとても熱心な方で。(その姿を見て)何かを誰かに教えて成長していく姿を見るのが、教員の面白さなのかなと。自分もそういう立場に立ってみたくなった

身体を張ってラグビーの楽しさを伝える

ラグビー部のコーチに就任

非常勤講師になったのと同時にラグビー部のコーチに就任。

藤本麻依子さん:
押してても相手をはがせないじゃん?自分が下に入って、こうやってはがすの。

男子高校生を相手に体を張って指導できるのが藤本さんの強みだ。ひときわ熱が入るのが、スクラムの練習だ。

藤本麻依子さん:
肩自体を上に上げるよ。胸張って

藤本さんの現役時代のポジションは、スクラムの最前線プロップ・フッカー。世界の強豪と互角に渡り合ってきた「スクラム職人」だ。

藤本麻依子さん:
スクラムがないと15人制のラグビーじゃない。熱は入っちゃいます

プロップ(3年)・桜井宣太朗さん:
先生の指導は具体的で、先生の教えで一歩一歩うまくなっている

キャプテン・宮下裕毅さん:
とても明るくしてくれる先生ですし、最初は日本代表が来るというから怖かったんですけど、フラットに接してくれるのですごくありがたい

指導者の道を歩み始めた藤本さん。いずれはコーチのライセンスも取得し、普及や選手の育成に力を入れたい考えだ。

藤本麻依子さん:
高校からラグビーを始めた子ばかりなので、ラグビーは楽しいというのを一番に教えたい。いずれは長野県のラグビーの育成、男子だけじゃなくて女子の育成にも携わりたい

コーチとして挑む初大会 高まる熱意

5月21日、上田市菅平高原。試合前、スクラムの練習相手になる藤本さん。

藤本麻依子さん:
いい。バインドいい

コーチとして初めて臨む大会。伊那北はこの3年間、公式戦で一度も勝っていない。

藤本麻依子さん:
一人でラグビーしているわけじゃないし、きつくなったら隣の仲間の顔を見て楽しんでいきましょう

前半、バックスの走力に勝る長野高校にトライを奪われリードされるが、伊那北も見せ場をつくる。センターライン付近での相手ボールスクラム。

相手ボールのスクラムで押し込んでボールを奪う

伊那北が押し込んでボール奪う。トライには至らなかったが、後半につながるプレーだった。

後半も藤本さんに鍛えられたスクラムで優位に立つ伊那北。しかし、相手を止めきれず、結果は0対28の完敗だった。

藤本麻依子さん:
(スクラムの)姿勢がすごく良かった。いつもの練習のおかげだね

ラグビー部の生徒:
やらかした部分もあったけど、楽しかった

藤本麻依子さん:
ラグビーの怖さと、それよりも楽しさをわかってもらえたかなと。もっともっと、私が持っているものを教えてあげたいという気持ちが高まりました

第二の人生のキックオフ。教師とラグビー指導者を目指す藤本さんの挑戦は始まったばかりだ。

(長野放送)

記事 672 長野放送

長野の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。