宮内庁は、上皇さま(88)にお疲れの様子が見られることからあす予定されていた都内の博物館への外出を大事を取って延期されると発表しました。

宮内庁によりますと、上皇さまは発熱などは無いものの、昨日あたりから少しお疲れの様子が見られるということです。

上皇さまは今年4月26日に赤坂御用地の仙洞御所に移り住み、研究のためおとといも皇居を訪問していますが、けさは毎朝続けている散策を控えてゆっくり過ごされているということです。

上皇ご夫妻はあす、都内の博物館で沖縄の本土復帰50年の特別展を鑑賞の予定でしたが、88歳という年齢を考慮し、大事を取って延期されるということです。

上皇さまは特に検査は受けられてはおらず、側近は「とにかく大事大事で用心して対応している」と説明しています。

記事 945 社会部

今、起きている事件、事故から社会問題まで、幅広い分野に渡って、正確かつ分かりやすく、時に深く掘り下げ、読者に伝えることをモットーとしております。
事件、事故、裁判から、医療、年金、運輸・交通・国土、教育、科学、宇宙、災害・防災など、幅広い分野をフォロー。天皇陛下など皇室の動向、都政から首都圏自治体の行政も担当。社会問題、調査報道については、分野の垣根を越えて取材に取り組んでいます。