三重県鳥羽市に、海洋プラスチックごみで作品を作るアーティストがいる。かつて航海士をしていたこの男性は、フィリピン海で見たごみでできた島に衝撃を受け、海洋プラスチックごみで家具や生活雑貨を作ることを決意した。

海岸に流れ着いたカラフルな漂流物で作られたランプシェードやテーブルは、様々な色が交ざり合い、世界でたった一つのアートになる。

元水産加工場のギャラリー ごみを作品に

この記事の画像(24枚)

三重県鳥羽市の廃業した水産加工場の中に、不思議な空間がある。

光と影、様々な色が複雑に交ざり合うランプシェード。

そして、テーブルにボールペン。これらの作品は、海に捨てられた海洋プラスチックごみから生まれた。

このギャラリーに並ぶ作品は、海洋プラごみで家具や雑貨を作る会社「REMARE(リマーレ)」の代表・間瀬雅介さん(28)の作品だ。

間瀬雅介さん:
でかいオブジェみたいなものを作りたくて。最初にできたのがこれ。めっちゃ思い出の作品。宇宙みたいじゃないですか

今、世界では年間800万トンのプラごみが海へ流れ出している。このまま増え続けると、2050年には海にいる魚の数を上回る予測も。間瀬さんの手にかかると、このプラごみがアートに変わる。

間瀬雅介さん:
SDGsを全面的に出したいアパレルブランドとか、アクセサリーのブランドとか。企業からの注文はすごく増えてきています

ゴミの島に衝撃 “海の循環”を目指して

冒険家になるのが夢だった愛知県出身の間瀬さんは、航海士としてクジラなどの生態調査のために南極にも行ったことがある。

間瀬雅介さん:
航海士っていうものを一つ大きなくくりで考えていて。僕は「海を考える人」と定義している

20歳で航海士になり、世界中の海を渡った。海は間瀬さんの価値観を大きく変えた。

間瀬雅介さん:
フィリピン海でごみが集まってできた島みたいなのを見て、結構衝撃でした。プラスチックもいっぱいありますし、色んなものが固まって漂っている

間瀬さんが2019年に起業した「REMARE(リマーレ)」は、イタリア語で“海”を意味する「MARE(マーレ)」から作った造語。“海の循環”という願いを込めて、家具や生活雑貨を作っている。

間瀬雅介さん:
海洋プラスチックっていう市場があまりないので、出口を作ることが一番大事かもしれない。室内循環するものにしたいなと思って、家の中で使えるもの

間瀬さんは、軽くて丈夫なプラスチックは、家の中で使えるものにするのが最適と考えた。

流れ着いたごみは“宝の山” 砕いてカラフルな絵の具に

この日、間瀬さんはボランティアの大学生と一緒に、鳥羽市の海岸で月に一度行っているビーチクリーン活動を行っていた。

ペットボトルに灯油のポンプ、サンダル…。このあたりはリアス式海岸の入り江で、どこから来たのか多くのごみが流れ着く。

間瀬雅介さん:
見て、レア来た。紫(のボトルキャップ)

カラフルなごみはレアもの。ごみ拾いが“宝さがし”に変わる。

間瀬雅介さん:
意外と漁業ごみが多い。例えば、洗剤の容器ですけど、ロープがついていますよね。たぶん、網とかカゴを海底に沈めて、獲りやすくするために浮きとして使っていた

間瀬雅介さん:
(ビールケースの破片を見つけて)これめっちゃレア。みんなにはゴミにしか見えないのか。宝石より輝いている。この色でこの量はヤバいね

ごみは宝の山。細かく砕くと、作品を作る“絵の具”に変わる。

間瀬雅介さん:
ピザみたいな形で、ベースの色を今回は緑にしていますけど、それによって全然変わってくる。偶発を求めて…

ホットプレートを作り替えたような機械で、160~180度の熱を約30分間加える。

さらにプレス機で薄く伸ばして、色鮮やかな照明が完成。光輝く赤、青、緑…。世界にたった一つのアートが生まれた。

海洋プラごみの20%は漁具 網やロープを使いテーブルの天板作り

鳥羽市浦村では、2022年1月に発生したトンガ沖の海底火山の噴火で津波が発生。カキの養殖いかだが壊れ、大量のロープがごみになった。

ロープの撤去作業にはREMAREのスタッフも参加した。

2019年度に環境省が行った調査によると、海洋プラごみの約20%が網やロープなどの漁具で、自然分解されにくく、600年以上も海の中を漂い続ける。

間瀬さんはREMAREの新たな商品として、網やロープなどの漁具を使ってテーブルの天板を試作している。

間瀬雅介さん:
ゴミを価値に変える一連の流れは大変かもしれないけど、僕はモノづくりが好きで。表現方法としてこれやったら、結果的に海洋プラスチックがどんどん減っていけば

暮らしに“樹脂”の循環を。海洋ごみを価値あるものに変える間瀬さんの活動は、私たちの未来を変えていく。

(東海テレビ)

東海テレビ
東海テレビ

岐阜・愛知・三重の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。

記事 2103