仕事をするうえで意外と時間がかかってしまうのが、「ビジネスメール」だ。休み明けの月曜の午前中は、メールの送信だけで終わってしまうという人も、少なくないのではないだろか。

こうした中、メールに割く時間を大幅に減らしてくれるかもしれないAIが登場した。

東京大学発のスタートアップ、株式会社ELYZA(イライザ)が開発したのは、「キーワードを入力すると、約6秒で日本語の文章を生成できる大規模言語AI」だ。

ELYZAはこれを、文章執筆AI『ELYZA Pencil(イライザ・ペンシル)』として、3月28日にデモサイトを一般公開した。

ELYZA Pencil(出典:ELYZA Pencilデモサイト)
この記事の画像(6枚)

『ELYZA Pencil』は、キーワードを数個入力するだけで、約6秒で日本語のタイトルや文章を自動生成してくれるAI。デモサイトでは「ニュース記事」「メール文」「職務経歴書」の3種類の文章に対応している。

たとえば、「メール文」を選び、「野田様」「日程調整」「お願い」「今週中」という4つのキーワードを入力して、執筆を指示すると、以下のようなタイトルとメール文が生成される。

<タイトル>
「日程調整のお願い」

<本文>
野田様
いつも大変お世話になっております。
この度はお忙しい中、ご丁寧にメールを頂き
誠に恐れ入ります。
来週予定しておりました打ち合わせの日程ですが、
野田様のご都合はいかがでしょうか。
勝手を申し上げて大変恐縮ですが、
今週中にお返事を頂けると幸甚でございます。
なお、本メールと行き違いでご連絡を頂いておりましたら
何卒ご容赦くださいませ。
お忙しいところ大変恐縮ですが、
何卒宜しくお願い申し上げます。

AIが執筆したメール文(出典:ELYZA Pencilデモサイト)

メール本文を読むと、不自然な日本語はなく、自然で流暢、さらに誤字もない。

なお『ELYZA Pencil』と人間(東大生)の執筆についての比較検証では、「正確性」「キーワード含有率」については東大生に負けたものの、「速度」は56分の1と圧倒的なスピード差をつけ、「流暢性」では同等水準の結果になったという。

膨大な日本語のテキストを読み込み学習

ではなぜ、このような自然な文章を書けるのだろうか? また、書くのが難しい文章はあるのだろうか?

株式会社ELYZAの代表取締役・曽根岡侑也さんに仕組みや今後の課題を聞いた。

――『ELYZA Pencil』を開発したのはなぜ?

近年、AIの中でも、自然言語処理という「言語を扱うAI=大規模言語AI」が大きな進化を遂げています。

株式会社ELYZAでは、その進化を巻き起こしている「大規模言語AI」という技術を日本語に適用するため、研究開発を行っています。

いろいろな企業の方との議論の中で、ホワイトカラーの方の業務の中で、文章を作成する業務が負担になっていることが多く、日本語に特化した「大規模言語AI」を用いて解決するため、『ELYZA Pencil』の開発を続けています。


――「キーワードを入力するだけで、約6秒でAIが日本語のタイトル・文章を自動生成」。これはどのような仕組み?

与えられた「キーワード」を基に、AIが関係する言葉を自然な文法になるように並べ、“もっともらしい文章”をつくっていくような仕組みになっています。

イメージ(メールの文章を考えている女性)

――文章が自然で流暢、さらに誤字もない。なぜ、このような自然な文章を書けるの?

『ELYZA Pencil』は、まず、膨大な日本語のテキストを大量に読み込み、日本語をしっかり学習した上で、文章を書く方法を学んでいます。日本語の学習の中で、文法や自然な単語の連なりを学んでいるということになります。

今後の課題は「正しい事実に基づいて書けるか」

――『ELYZA Pencil』を無料で公開しているのは、なぜ?

公開したサイトは、あくまでも、デモ用のサイトだからです。


――今後、有料にする予定は?

現状は、公開したサイトを有料にする予定はないです。一方、『ELYZA Pencil』を進化させていく中で、文章作成を支援するサービスを展開する可能性はございます。


――『ELYZA Pencil』が自動で生成できるのは「ニュース記事」「メール文」「職務経歴書」の3つ。今後、これ以外にも生成できる文章は増えていく?

生成できる文章の追加は、未定です。現在、生成できる3つの文章以外で、『ELYZA Pencil』の技術を活用できる可能性があると考えているのは、「広告文」や「契約書」などです。

ELYZA Pencil(出典:ELYZA Pencilデモサイト)

――『ELYZA Pencil』では、生成するのが難しい文章はある?

生成が難しい文章というものは、あまりないのでは、と感じています。一方で、『ELYZA Pencil』を実際に活用する上では、「正しい事実に基づいて書けるか」「新しい言葉を理解して書けるか」などは、課題として残っているように感じています。

キーワードの入力画面(出典:ELYZA Pencilデモサイト)

多くの人の頭を悩ませている、ビジネスメールを“書く”という業務。これを完全にAIが担ってくれる日はいつになるだろうか。

株式会社ELYZAは、ホワイトカラーの“書く”業務を『ELYZA Pencil』がサポートしていくことで、全国民のホワイトカラーの業務を10%以上、AIへ代替できる可能性があるのではないかと想定している。

職務経歴書や契約書なども含め、“書く”業務をAIが完全にサポートしてくれる日が近いうちに訪れることを期待したい。