斎藤佑樹さんが生徒に!

元日本ハムファイターズの斎藤佑樹さんが生徒に!今日行われたユニクロが学生を対象に行う学習プログラム「“届けよう 服のチカラ”プロジェクト」の特別授業に参加した。

現役引退後も子供の夢を応援する事業やSDGs等に積極的に取り組んでいる斎藤さん。ユニクロ銀座店で地元の小学生25名と一緒に洋服の廃棄についてなどサステイナビリティ活動を学んだ。

この記事の画像(3枚)

暖まったりケガを防いだり命を守る力があるとされる洋服。そんな中、どうして洋服を着るのか?という質問に対して「自分をかっこよくみせるためですかね!」と笑顔で盛り上げた斎藤さん。リサイクルボックスに自ら持参した洋服を入れ率先してリサイクル活動を実践し授業を締めくくった。

「野球界にもサステイナビリティを」

「地球を守るためにやらないといけないことがたくさんあると学びました。洋服だけでなく野球選手としてグローブやボールやバット。多くの人たちに長く野球を楽しんで欲しいので何かサステイナビリティに活用できないかと考えています」

授業が終わるとあっという間に子供たちに囲まれハンカチにサインをおねだりされる斎藤さん。
自己紹介の際には「みんな僕のこと知らないでしょ!?」と謙遜していた斎藤さんだったが引退後も“ハンカチ王子”の人気ぶりは健在だった。

報道スポーツ部
報道スポーツ部
文化・スポーツ
記事 41