日本語にはクレイジーな表現がいっぱい!?

日本語には外国人が驚くような表現がたくさんあります。その不可解な面白さを外国の方にも伝えてみたい!

そんなあなたにお届けする「驚きながら学ぶ!クレイジー日本語講座」
"Mind blowing tips! CRAZY JAPANESE LESSONS."

日本語独特の表現を、楽しみながら覚えていきましょう。

「目に入れても痛くない」を英語で言うにはコレ!

この記事の画像(3枚)

土屋: 何かが可愛くて可愛くて仕方がないとき、日本語では「○○に入れても痛くない」と言います。
In Japanese, we say "It doesn’t hurt even when it’s in my somewhere" when something is too cute to be true.

例えばお爺ちゃんは孫が可愛くて可愛くて仕方がないものですよねえ。
Like when grandpa just thinks his grandchildren are too adorable, for example.

お爺ちゃんは孫を「どこ」に入れても痛くない?
Where do you think this somewhere is?

ぺるり: 靴?!
Their shoes?

土屋: 石か?孫は小石か?靴の中に小石みたいの入ってて歩いたら痛いけど、違う違う。
What, is grandpa’s grandchild a pebble?
A stone in your shoes? Sure, that would hurt, but no.


日本語はもっとクレイジーです!
Japanese expressions are crazier!

「あまりにもかわいい」ことを表す日本語表現はこちらです!
"Too cute to be true" in Japanese is…!

目に入れても痛くない​
It doesn’t hurt even when it’s in one’s eye

ぺるり: グロい!!
Grooooss!

土屋: でしょ。これやったら絶対痛いよね。
で、入れた後どうすんのかも気になりますよね。
Right? That would be extremely painful.
I wonder what you’d do after you do that, too.

説得力を高めるにはこの一言!

あまりにも可愛すぎて、いつまでも見続けたい気持ちが大袈裟になっていったのかもしれませんね。
The phrase is probably an exaggeration of wanting to look at something all the time because it’s too cute to be true.

それでは、次回もお楽しみに!
See you at the next Lesson!

(連載「クレイジー日本語講座」第42回 / 毎週土曜更新)