副反応の報告にも違いが…コロナワクチン「ファイザー」と「モデルナ」同じタイプでも異なる様々なデータ
新型コロナワクチン

副反応の報告にも違いが…コロナワクチン「ファイザー」と「モデルナ」同じタイプでも異なる様々なデータ

東海テレビ
東海テレビ
国内

結論として優劣なし…「利用可能なワクチンを適切なタイミングで速やかに接種を」

三重・桑名市をはじめ、これまでは「ファイザー」のワクチンが使われてきたが、大規模接種では「モデルナ」のワクチンが使用される。
「ファイザー」と「モデルナ」、2種類のワクチンには、どのような違いがあるのか。

ワクチンにはいくつかタイプがあるが、ファイザーとモデルナは同じタイプの(mRNAワクチン)になる。発症の予防効果はファイザーが95%、モデルナが94%とほぼ変わらないとされている。

アメリカでは2回目の接種から2週間が経過した人の感染リスクが、いずれも約90%減少するという発表も出ている。

ワクチンの効果についてのデータはほぼ一緒で、接種回数もどちらも2回。違いについては、2回目を打つまでの期間が、ファイザーが3週間なのに対し、モデルナは4週間と1週間長くなっている。

保管温度と使用期限にも違いが。いずれも使い出したあとは6時間以内に使い切らなければならないが、使うために冷凍庫から出して解凍した後の期限は、温度が2度から8度での保管で、ファイザーの使用期限が5日なのに対し、モデルナは30日となっている。

モデルナのワクチンは、使用する際に希釈(=薄める作業)が必要性がない。

感染症の専門医で愛知県がんセンター病院の伊東医師は、こうした特徴などからモデルナのワクチンは「ファイザーよりは扱いやすく大規模接種に向いている」と話している。

この記事の画像(5枚)

副反応について、まずアナフィラキシーは、アメリカでの報告では、ファイザーが1000万回、モデルナが760万回の接種を調査したところ、いずれも接種100万回あたりファイザーは4.7件、モデルナは2.5件という調査結果だったという。

他の副反応は、アメリカでの別の報告によると、ファイザー260万回、モデルナ290万回の接種を調査したデータでは、接種した部位の痛み、倦怠感・だるさについては、2回目の接種の方が増えているのはどちらも同じだが、モデルナの方が割合が多くなっている。

頭痛と発熱も同様に、いずれもモデルナの方が高い結果となっている。特に2回目の接種後の発熱については差が最も大きく、モデルナの方が16.1%高く出ている。

これらの副反応では、いずれもモデルナのワクチンの方が頻度が高い傾向にあるが、伊東医師は「接種をためらうようなものはない。1、2日で軽快するため(良くなるため)過剰な心配は不要」としている。

モデルナのワクチンについても、海外ではすでに副反応などの様々な報告が出てきている。伊東医師はファイザーと比較してもどちらが良いというのもないとした上で、今後の接種については「今、利用可能なワクチンを適切なタイミングで速やかに接種することが重要」と話している。

(東海テレビ)

愛知県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>

新型コロナワクチンの他の記事

職場で不当な扱いも…接種加速の裏で「ワクチンハラスメント」が…

職場で不当な扱いも…接種加速の裏で「ワクチンハラスメント」が…

国内
【速報】ワクチン1回目接種を受けた人が2000万人を突破

【速報】ワクチン1回目接種を受けた人が2000万人を突破

国内
過去10年で

過去10年で"最速契約数”も…ニーズ高まる「コロナ保険」 感染…

ビジネス
大規模接種センターで64歳以下予約開始 必須の接種券発送に格差…

大規模接種センターで64歳以下予約開始 必須の接種券発送に格差…

国内
航空各社でワクチンの職場接種始まる。スタートアップでも準備着…

航空各社でワクチンの職場接種始まる。スタートアップでも準備着…

国内
ワクチン接種の具体的な流れは? 「案内と手続き」知っておきたい…

ワクチン接種の具体的な流れは? 「案内と手続き」知っておきたい…

国内
一覧ページへ
×