バイデン氏勝利宣言(全訳)

国民は声を上げた。明確な勝利で確信に満ちた勝利だ。 我々国民の勝利だ。 大統領選では史上最多の7,400万票を獲得した。私が驚いたのは認めざるを得ない。今夜、私たちはこの国の至る所で、世界中で、希望の喜びが溢れているのを目撃している。より良い明日がくることを改めて信じることができる。 皆さんからの私への信頼と信任を謙虚に受け取め、分断ではなく結束を目指す大統領になることを誓う。赤い州や青い州ではなく、アメリカ合衆国だけを見る。 全国民の信頼を得られるよう心を込めて働く。それが私の信じるアメリカだから。人に立脚すること、それが私たちの政権の全てだ。

アメリカの魂を回復するために、この国のバックボーンである中間層を再構築するために、そしてアメリカが再び世界に尊敬される国となるために大統領を目指してきた。

何百万人ものアメリカ人がそのビジョンに投票してくれたことは私の生涯の名誉である。そして今、そのビジョンは現実となり我々の仕事となる。我々の時代の仕事だ。

この記事の画像(5枚)

私はジル(夫人の名前)の夫だ。ジルの愛情と ジルと息子のハンター、娘のアシュレーや孫たち、その配偶者、家族全員の支えがなければ 私はここにはいなかっただろう。彼らは私の心の拠り所だ。ジルは母親であり、教育者でもある。彼女は教育に人生を捧げてきた。しかし、教育だけが彼女の仕事ではない。アメリカの教育者にとって 今日は素晴らしい日だ。ホワイトハウスに君たちの仲間ができる。ジルは偉大な大統領夫人になるだろう。彼女を誇りに思う。

カマラ・ハリスという 素晴らしい副大統領と共に国民に仕えられるのは名誉なことだ。 この国の選挙で選ばれた初の女性として、初の黒人女性として、初の南アジア系の先祖を持つ女性として、初の移民2世として、歴史に名を残すだろう。アメリカでそれは無理だとは言わないで欲しい。ずっと先延ばしになっていた。そして今夜、これを実現するために長年闘ってきた人々がいることを思い出す。アメリカは、道徳の弧を正義の方向に向けたのだ。カマラ、(カマラの夫)ダグ、好むと好まざるとに関わらずあなたは家族だ。名誉あるバイデン家の一員になったんだから、もう逃げられないぞ。

カマラ・ハリス氏(左)

このパンデミックの最中、ボランティアで投票所の仕事を手伝ってくれた皆さん、各地の選挙管理担当の皆さん、あなた方は全国民からの特別な感謝に値する。そして、私の選挙キャンペーンチーム、ボランティアの皆さん、そしてこの勝利の瞬間を可能にするために尽力してくれた全ての人のおかげだ。全て皆さんのおかげだ。そして私たちを支援してくれたすべての人々に伝えたい。私たちの選挙キャンペーンを誇りに思う。

私たちがなしえた連携を誇りに思う。歴史上最も広範で多様な連携だ。民主党、共和党、無党派、進歩派、穏健派、保守派、若者、高齢者、都市部、郊外、農村部、ゲイ、ストレート、トランスジェンダー、白人、ラテン系、アジア系、ネイティブアメリカン。特に選挙戦が最も低迷していた時にはアフリカ系アメリカ人のコミュニティーが私のために立ち上がってくれた。

彼らはいつも私を支えてくれた。私も彼らを支える。当初から私はこの選挙運動をアメリカを代表するものにしたいと言ってきた。私たちはそれを達成した。そしてそれこそが私の望む今からの政権の姿だ。

トランプ大統領に投票した人の今夜の失望は理解できる。私自身も何度か敗北を味わっている。今後はお互いにチャンスを与え合おう。辛辣な言葉を捨て、落ち着いて、今一度向き合い、お互いの話を聞く時だ。そして前に進むためには意見の違う相手を敵として扱うのをやめなければならない。彼らは敵ではない。アメリカ人だ。

聖書は私たちにすべてのものには育て、刈り取り、種をまき、癒す季節があることを説いている。 今はアメリカを癒す時だ。選挙戦が終わった今、国民の意志は何か。我々の使命とは何か。

私は、アメリカ国民が私たちの時代の中での大きな戦いにおいて良識、公正、科学、そして希望の力を、結集するよう私たちに託したのだと信じている。

ウイルスを制御し、繁栄を築き、家族の健康を守るための戦いであり、人種間の平等の実現と構造的人種差別を根絶する戦いである。

そして地球を救うために戦い、良識を取り戻し、民主主義を守り、この国の全ての人に公正な選択を与えるために戦う。国民が求めているのは公正な機会だ。 私たちの仕事は新型コロナウイルスを制御することから始める。

新型コロナウイルスを制御下に置くまで私たちは経済を立て直し、人生の最も貴重な瞬間を楽しみ、孫や子供たちを抱きしめたり、誕生日や結婚式、卒業式を祝うことができない。

月曜日に私は科学者や専門家によるグループを指名し、2021年1月20日から始まる新政権でのバイデン-ハリス新型コロナウイス対策計画を作成する。この計画は科学的見地の上に構築される。それは思いやりと共感と配慮から構築される。私は、このパンデミックを好転させるためにいかなる努力も惜しまない。私は誇り高き民主党員だが、アメリカ大統領として政治を行う。

私は私に投票しなかった人々のためにも私に投票してくれた人々のためにも懸命に働く。互いを悪者と見なすようなこの嫌な時代を今ここで終わらせよう。民主党と共和党が互いの協力を拒否している状況は、我々の手に負えない不可解な力によるものではない。それは決断であり私たちの選択だ。そしてもし私たちが協力しないことを決断できるのなら、協力することも決断できるはずだ。 これはアメリカ国民から私たちに与えられた使命のひとつだと信じている。

国民は国民の利益のための協力を望んでいる。私はそれを選択する。民主党、共和党を問わず私は議会にその選択をするよう呼びかける。アメリカの物語はゆっくりと、しかし着実に機会を広げていくものだ。間違いなくあまりにも多くの夢があまりにも長いあいだ先延ばしにされてきた。私たちは、人種、民族、信仰、アイデンティティ、障がいの有無にかかわらず、すべての人のためにこの国の約束を実現させなければならない。

アメリカは常に様々な転換点によって形作られてきた。それは、私たちが何者なのか、何になりたいのかという難しい決断をした時だ。1860年にリンカーン大統領はアメリカ合衆国を救おうとした。1932年にルーズベルト大統領は苦境に立たされた国にニューディール政策を導入した。1960年にケネディ大統領はニューフロンティア政策を約束した。そして12年前、オバマ大統領は歴史を作った時にこう言った。「Yes We can!(私たちはできる)」と。

私たちは転換点に立っている。私たちには絶望を打ち破る機会があり、繁栄と目的がある国を築く機会がある。私たちならできる。できると私は知っている。

私は長い間、アメリカの魂のための闘いについて話してきた。私たちはアメリカの魂を取り戻さなければならない。私たちの国は、善意と最も暗い衝動のはざまで絶え間なく続く闘いによって形づくられている。そして、この闘いにおいて大統領が何を言うかが重要だ。善意が勝つ時が来た。今夜、世界中がアメリカに注目している。そして私はアメリカが世界の道標だと強く信じている。私たちは力によってのみ導くのではなく模範となることによって導く。

私はいつもアメリカを一言で定義することができると信じている。そして、多くの人たちが、私がこう口にするのを聞いている、「可能性だ」と。アメリカでは、人々が描いた夢を実現し神から与えられた能力が導いてくれるチャンスを誰もが与えられるべきだ。

私はこの国の可能性を信じている。私たちは常に先を見ている。より自由でより公正なアメリカへ。尊厳と敬意を持って雇用を創出するアメリカへ。癌やアルツハイマーのような病気を治すアメリカへ。誰も置き去りにしないアメリカへの道を見据えている。

決して諦めず、決して屈しないアメリカへ。アメリカは偉大な国だ。アメリカに反する賭けは常に悪い賭けだ。我々は善良な国民だ。これが「アメリカ合衆国」であり、これまでできなかったことはない。私たちが一つになれば、できないことはない。

選挙戦の終盤、私は自身と家族、特に亡くなった息子ボーにとって大きな意味があった聖歌について考えていた。それは私を支え、アメリカを支える信念を表している。そしてこの聖歌が、今年恐ろしいウイルスによって愛する人を失った2億3000万人のアメリカ人に癒やしと慰めを与えてくれることを願う。私の心は皆さん一人一人と共にある。この聖歌が慰めを与えてくれることを願う。(聖歌の一説は)このようになっている。

「汝は鷲の翼を授けられて舞い上がり、夜明けの息吹に身を包み、太陽のように輝き、神の手の中に抱かれるだろう」

そして今、共に鷲の翼に乗って、神と歴史が私たちに任せた仕事に、心を込めてしっかり取りかかろう。アメリカを信じ、お互いを信じ、国を愛し、正義への渇望を持って。団結し、より強く、癒された国にしよう。

アメリカ合衆国の皆さん、我々には挑戦して出来なかったことはない。

子どもの頃、スクラントンの祖父の家を出るとき、祖父は私に「ジョー、信念を貫け」と言った。すると祖母は「違うわ、ジョー、信念を広めるのよ」と言った。

信念を広めよう。神は皆を愛している。アメリカに神のご加護を。そしてアメリカ軍に神のご加護を。

ありがとう。

(勝利宣言:現地時間11月7日夜 デラウェア州にて)