『かいけつゾロリ』は夫婦二人の共同作業で生まれている…「とんでもないことを選んだ(笑)」

カテゴリ:暮らし

  • 『かいけつゾロリ』シリーズの原作者・原ゆたかさん、京子さん夫婦にインタビュー
  • 京子さんは“最初の読者”...名作は夫婦二人三脚で制作されていた
  • 夫婦だからこその自由に言い合える関係がポイント

“いたずらの王者”は子どもたちのヒーロー

毎日のように書籍が出版されても、時代を超えて人々に愛される作品がある。
人気児童書の『かいけつゾロリ』シリーズもその一つだろう。

擬人化された動物が暮らす世界を舞台に、いたずら好きなキツネの「ゾロリ」と子分の双子イノシシ「イシシ」と「ノシシ」がさまざまな冒険を繰り広げる物語で、1987年のスタートから30年以上経った今でも、新しい作品が出版されている。

シリーズ1作目と(左)と最新作(右)。(作/絵  原 ゆたか ポプラ社)

彼らは“いたずらの王者”を目指して悪巧みをするが、いつも失敗してばかり。
それでもめげずに挑戦を続け、ときにはその行動が誰かを救ったりもする。面白おかしいギャグを交えつつ、大切なことを教えてくれるゾロリたちは、子どもたちのヒーローだ。

ゾロリたちは面白おかしく、大切なことを教えてくれる(画像提供:ポプラ社)

そんな名作たちは、ある夫婦によって生み出されてきたことをご存じだろうか。

それが、原作者の原ゆたかさん、妻の京子さん夫婦。ゆたかさんは作家・イラストレーター、京子さんが絵本作家だったため、アシスタントなどを雇わずに夫婦で制作してきたという。

クリエーター同士の夫婦二人での共同作業と聞くと、もちろんプラスの面はたくさんあるだろうが、二人の距離感など夫婦だからこそ気になることもある。
名作が生まれる裏側には、どのようなエピソードが隠れているのだろう。作品制作の仕方から夫婦の関係性までお二人から話を伺った。

「全然タイプじゃない」から結婚へ

ゆたかさんと京子さんが出会ったのは、約40年前のこと。
京子さんが通う絵本講座に、卒業生のゆたかさんが遊びに来たことから始まった。

当初から恋仲を予感させたわけではなかったが、互いに絵描きを志望していたこと、映画という共通の趣味を持っていたことが、二人を引き合わせた。ゆたかさんが月刊誌に掲載していた絵本制作を手伝うようになり、交際に発展していったという。

原ゆたかさん

当時の印象について二人は、「映画や絵画を見ても、真面目なものから変なものまで面白がってくれた。自分が好きな世界を見せたいと思った」(ゆたかさん)、「全然タイプじゃないけど、面白い人だなと(笑)見たことのないものを教えてもらった」(京子さん)。

その数年後、二人は晴れて結婚。仕事がぱったりとなくなった時期もあったというが、京子さんはアルバイト、ゆたかさんは出版社回りをして、何とか仕事を見つけていた。

当時の出版業界では、絵描きや作家同士の結婚はうまくいかないのが常識だったらしく、個人的な交流があった、故・やなせたかしさん(『アンパンマン』の原作者)には、会う度に「まだ一緒に居るのか君たちは。いつ離婚するの?」などと、笑いながら冗談を言われたという。

京子さんはゾロリの“最初の読者”

こうした中、1987年に刊行された児童書『かいけつゾロリ』がヒット。
シリーズ作品は60以上にのぼり、今も年2冊のペースで新作が出版される代表作となった。

そしてこのゾロリシリーズ、原作は完全に夫婦二人三脚で制作されている。

二人の役割はゆたかさんが物語と絵を描き、京子さんが校閲する形だ。ゾロリの世界観を理解していて文章力にも長けている京子さんは、今では制作に欠かせない存在という。

原京子さん

挿絵とのバランスを考えて文字数を調整するだけでなく、子どもにも伝わるような言葉選びをする。もしも面白くなかったり、物語からそれているときには指摘して、お互いが納得するまで話し合う。そのため、「嫌な雰囲気になることもたくさんある」(京子さん)というが、夫婦だからこそ、自由に言い合える関係があるという。

ゆたかさんは、そんな京子さんを“最初の読者”と表現。「他の作家さんだと気を遣い、折れなきゃいけないこともある。家なら延々話せると思ったけど、それはそれでとんでもないことを選んだ(笑)。出会った頃から同じものを見て話し合えてきたことが、今にリンクしているような気もします」(ゆたかさん)

初期と現在を比べると、だいぶマイルドになった(画像提供:ポプラ社)

例えば、作中に登場する女の子のファッションデザインなどは、京子さんが担当することが多いという。ゾロリシリーズはアニメ化もされているが、京子さんのアイデアでこの頃から、原作のイシシとノシシも可愛らしくデフォルメされたとのことだ。
ちなみに、原さん夫婦の作業場は別々にしているそうだ。

10年越しの新作に込めた思い

そんな原さん夫婦が、ゾロリシリーズとは異なる思いで制作する児童書がある。

それが『イシシとノシシのスッポコペッポコへんてこ話』。イシシとノシシが奇想天外な物語を語って聞かせるシリーズもので、京子さんが文、ゆたかさんが絵という夫婦合作の作品だ。

これまでに出版された3作品。「百桃太郎」が最新作だ(文/原 京子 絵/原 ゆたか ポプラ社)

元々は実験的なスピンオフ作品として始まったが、今では、原さん夫婦が本で伝えたいことを表現する場所に。作中ではちょっぴり奇妙で面白い物語が展開され、一部ページが見開きのパノラマになるなど、紙の本ならではの魅力を感じられるのも特徴。

「百桃太郎」のワンシーン。迫力のパノラマページも登場する(文/原 京子 絵/原 ゆたか ポプラ社)

2019年10月にはシリーズ最新作として、桃太郎をベースにした『百桃太郎』も出版された。

実はこの作品、予告から約10年を経て発売に至ったもの。当初は川からモモ以外が流れてきて...というストーリーだったが、東日本大震災の発生を受けて、一から作り直したという。

新しい『百桃太郎』では、百桃太郎とそのお供たちによる面白おかしい旅、驚きの展開などが描かれていて、原夫婦の作品を見たことがない人でも楽しめる作品となっている。

今も修学旅行の夜のように

このように今も作品を描き続ける二人だが、その関係性は若い頃と変わらない。ゆたかさんが好きなおもちゃ、京子さんが好きなゲーム、お互いの好きなものを受け入れて楽しむ。今でも映画鑑賞やお笑いを見ては、その感想などを明け方まで話し合ったりするのだとか。ゆたかさんいわく“修学旅行の夜”という夫婦生活を、二人はこのように振り返った。

ゆたかさんは京子さんのことを「僕を小学生でいさせてくれる人」とも話す

「夫婦の最後はどちらかが一人になるけど、思い出は同じ体験や失敗をしなければ語れない。それが一緒に暮らしてきたことの宝なのかな。もしも、知らない人と旅行をしても『京子さんなら、ああ思ったのに』と感じてしまう。何気ないことに『そうそう』といってくれる相手が隣に居てくれるのは、すごく大事なことじゃないのかな」(ゆたかさん)

「ずっと話せる相手がいるというのはいいこと。急に思いだしたのは、『恋人たちの予感』という映画で、彼が彼女に『1日の最後におしゃべりしたいのは君だ』とプロポーズすること。(自分にとって、ゆたかさんは)夜に延々と話したい人なのかなと思う」(京子さん)

いつも自然体で、思ったことがあれば納得するまで話し合える。ゾロリシリーズをはじめとする原夫婦の作品は、そんな着飾らない関係で成り立っているのかもしれない。

「彼女(京子さん)が書く話はほっとする優しい話。自分の世界観の話も完結させたいところはあるだろうし、ここからは時間との問題。(夫婦生活は)今すぐストーリーが完結するわけじゃないから、もう少し頑張っていこうぜ、という感じかな(笑)」(ゆたかさん)

「夫婦のカタチ」特集をすべて見る!

夫婦のカタチの他の記事