8月も後半になったが、まだまだ暑い日が続きそうだ。そんな中で気を付けたいことの一つが、車内の暑さ。駐車している車に小さな子どもが取り残されたりすると、短時間でも健康被害を受ける可能性がある。

また、走行中も油断はできない。運転手が熱中症になったら、事故につながってしまうことも考えられるだろう。夏休みで長距離・長時間の運転をするかもしれない時期はなおさらだ。

日陰でも安心できない…車内はすぐ危険な暑さになる

こうしたことを避けるには、日頃の注意はもちろん、車内を効率的に冷やす方法も覚えておきたいところだ。今回はJAF(日本自動車連盟)の担当者に、車内温度に関わる知識やポイントを伺った。


――夏の時期、車内はどれくらいの温度になる?

JAFでは駐車条件の異なる車両を複数台用意し、気温35℃の炎天下で、車内温度や暑さ指数がどうなるかを調べています。窓を閉め切った状態でエンジンを停止したところ、何も対策をしていない車内(黒色の車)の最高温度は約3時間で57℃まで上昇し、暑さ指数は約15分で人体に危険なレベルとなりました。
※暑さ指数(WBGT)は気温、湿度、輻射熱などを総合的に判断した数値

車内温度の推移(提供:JAF)
車内温度の推移(提供:JAF)
この記事の画像(6枚)

このほか、別の検証では気温32℃の環境に2台の車を用意して、日なたと日陰での車内温度の上がり方を比較しました。こちらも開始から約30分で日なたは42℃、日陰は35℃まで上昇しました。 温度差は7度ほどしかありませんでしたので、日陰でも安心できないことがわかります。

日なたと日陰での車内温度。日陰でも安心できない(提供:JAF)
日なたと日陰での車内温度。日陰でも安心できない(提供:JAF)

――車内で直接的に熱くなりやすい部分はある?

日向と日陰の車内温度を比較した検証では、車内数カ所の温度も計測しました。最も熱くなりやすいのはダッシュボードで、日なたで65.7℃、日陰でも46.8℃になりました。このほか、ハンドルやフロントガラス、シートベルトの接続部分も熱くなりやすい傾向にありました。直射日光が当たるようなところですね。お子様などを乗せるときは、こうした場所に肌を触れさせないことをお勧めします。

5分で25℃以上も低下…車内の効率的な冷やし方とは

――車内を効率よく冷やすにはどうすればいい?

こちらも検証を行い、車内温度が55℃の車を5台用意して(1)ドア開閉(2)冷却スプレー(3)エアコンの外気導入(4)エアコンの内気循環(5)エアコン+走行。これらの方法で温度の変化を調べました。最も効率的なのは(5)で、車内温度は約5分で28℃にまで低下しました。

(5)の流れですが、まずは窓を全開にしてエアコンを外気導入にして走行します。温度設定は一旦最低(Lo)にしてください。次に熱気が車外に出たら窓を閉めて、エアコンを内気循環に切り替えて車内を冷やすというものです。こちらが最も効率的でしたので、参考になるのではと思います。

対策ごとの車内温度の変化(提供:JAF)
対策ごとの車内温度の変化(提供:JAF)

――冷房以外で車内を涼しくする方法はある?停車時と走行時それぞれで教えて。

車内の熱気を逃がすことがポイントになります。停車時では、車の窓をセキュリティー面も考慮して3センチほど開けておくこと。また、乗車時にドアを数回開閉すること。これらで車内温度を下げる効果(どちらも数℃程度)が期待できます。ただ、ドアの開閉は近隣の車にぶつけたり、車本体への衝撃も想定されるので推奨はしていません。走行時は窓を開けて、外気を入れることにとどまります。


――外気導入と内気循環の設定は、冷房の効率に関係してくるの?

関係はあります。内気循環は空気を循環させること、外気導入は外気を取り入れることです。そのため車内の熱気を逃がしたいときには外気導入、車内を冷やしたいときには内気循環にする。このように使い分けると、冷房の効率を上げることにつながると思います。
 

――冷房とガソリンの燃費は関係性がある?温度設定の基準のようなものはある?

JAFではお答えできませんが、警察庁や国からなる「エコドライブ普及連絡会」によると、冷房を設定すると少なからず燃費には良くない影響があるようです。温度設定の基準もJAFとして示せるものはありませんが、自動車部品メーカーの「カルソニックカンセイ」では目安として、日本車は25℃、外車は22℃を推奨しています。この辺りを参考にしていただければと思います。

(画像はイメージ)
(画像はイメージ)

――夏の暑さは車本体にも良くない影響を与えることはあるの?

はい。2021年度のJAFのロードサービス救援件数は約215万件で、このうちの約4割(約87万件)がバッテリー上がりの対応です。夏場は負担がかかりやすく、特に注意してほしいのは「夜に雨が降ったとき」になります。冷房、ライトの点灯、ワイパーの作動が重なるとバッテリーに負担がかかりやすいです。また、路面温度の上昇や紫外線の影響で、タイヤの破裂が起きやすい時期でもあるので、注意してください。

暑さ対策として備えられることは?

――車内の暑さ対策で備えられること、用意できるグッズなどがあれば教えて。

フロントガラスに車用のサンシェード(日よけ)を使っていただき、ダッシュボードやハンドルなどへの直射日光を遮断することをお勧めします。一般的な熱中症対策にもなりますが、こまめに水分補給をしたり、保冷剤、おしぼり、タオルなどを積んでいただくこともお勧めです。凍らせた飲料水を持ち歩くなどしていただくと、安心につながると思います。


――長時間の運転は熱中症を招きやすかったりはする?

長時間の運転=熱中症を招きやすいという関連性は分かりません。ただ、フロントガラス、サイドガラスからの直射日光で体温が上がったり、なかなか車内が涼しくならない場合があります。そんなときはこまめに水分を摂ったり、休憩をとるなどしましょう。


――夏場の車内で注意してほしいことはある?

スマホやタブレットをカーナビとして使う人もいますが、夏場の車内に置くと高温で故障したり、やけどにつながるので注意してください。また、ライター、スプレー缶、炭酸飲料なども、高温の状況では危険なものになる可能性もあります。高温な場所での放置や取り扱いには注意をしてください。

高温の車内では置いたものが危険を招くことも(提供:JAF)
高温の車内では置いたものが危険を招くことも(提供:JAF)

――夏と車に関連して伝えたいことを聞かせて。

子どもや高齢者などは熱中症にかかりやすいといわれています。今年も駐車場に放置された車内で、放置された子どもが亡くなってしまう事件がありました。車内にいる子どもは冷房のスイッチを切ったり、車のシフトノブを動かしてしまうことも考えられます。冷房をつけていたとしても、短時間であっても、車内に置いて残すことは絶対にやめてください。



夏の暑い日はたった15分でも、車内は危険な環境になり得る。車内の熱気を出してからエアコンを上手に活用することや、少しでも暑いと思ったら決して無理をしないことを心がけてほしい。