8月13日もお伝えした、いま売れている猛暑対策アイテム。生活雑貨店「ロフト」とネットで人気の「ひんやり冷感グッズ」をシェアする。

この記事の画像(11枚)

ミスト機能付き「ハンディファン」

まずは「ロフト」から…

ロフトプレスマネージャー・横川鼓弓さん:
2020年はミスト付きが出ていて、とても人気です。

人気のハンディファンに2020年はミスト機能が付いた「ミストハンディファン」3278円(税込み)が登場。風とともにミストが出ることで、ひんやり感がアップする。

椅子に敷いてひんやりできるグッズ

イスに敷く「どこでも座・クール」5217円(税込み)も人気。ファンからの風がシート内を通り抜けて涼しく、熱や湿気を逃がし、ひんやりを保つ。

100%冷却素材のタオル

続いてはネットで購入可能な「ひんやり冷感グッズ」をシェア。まずは「瞬冷タオル」899円(税込み)。

よくある「冷感タオル」ではない。100%冷却素材でできており、水にぬらし数回振っただけですぐ冷たくなる。

めざまし取材班:
こんなに冷たいタオルは初めてです。とても涼しいです。

冷却効果が約6時間持続する「ダンシャット」

続いて8月1日に発売された新商品の暑さ対策グッズ「ダンシャット」9460円(税込み)。中の容器に水を入れて、冷凍庫で一晩凍らすことで使用可能になる。

ウェットスーツの素材を使用しているため、肌触りはなめらか。冷却効果も約6時間持続する。

体感温度15℃を維持できる

続いては手のひらを冷やすアイテム、「体感15℃アイスバッテリー冷却アイシングIce Battery fresh」1980円(税別)。

めざまし取材班:
長く持っていても冷たすぎず快適な温度です。

冷凍庫で10時間冷やして使用する。体感温度15℃を維持し、スポーツや就寝時などに大活躍。

手のひらには、AVA(動静脈吻合)という体温を調節する特別な血管があり、その部分を冷やすことで、冷たい血液を大量に身体に流し体温をスムーズに下げられるという。

(「めざましテレビ」8月14日放送分より)

めざましテレビ
めざましテレビ
メディア
記事 2081