施工不良の"傾斜マンション” 販売会社3社のトップが謝罪

福岡市東区の分譲マンションで、杭の施工不良により傾きが生じている問題。
7月21日 その“傾斜マンション”に、JR九州の青柳俊彦社長ら販売会社3社のトップが謝罪に訪れた。

「この度は誠に申し訳ございませんでした」

青柳社長らは住民に対し、何度も頭を下げた。

問題となっている傾斜マンション「ベルヴィ香椎六番館」。

入居後20年以上、不具合が相次いでいる。
部屋の中でボールを転がすと、止まらないで戻ってくる。
ドアの開け閉めも相当な力が必要だ。

住民:
これじゃ絶対しまらない、絶対。ここからお尻でボンと閉める

ーーもし火事とか起きたら?

住民:
あ~、もう大変なことになります。下の階の方はおばあちゃん。もう80歳以上ですもんね

さらに天井と壁の間には隙間ができ、夜、灯りを消すと隣の部屋から光が漏れてくる。

25本中の8本もの杭が…

頭を抱える住民に対し、販売会社側は「建物の構造に問題はない」と一貫して主張。

ところが2020年4月、住民側の調査でマンションを支える杭2本の長さ不足が判明すると、態度を一転し、施工不良を認めたのだ。
販売会社側は6月以降、マンション全ての杭を調査。

その結果、新たに全25本中、実に8本の長さが足りていなかったことが判明した。

JR九州 青柳社長:
杭がちゃんと岩盤(固い地盤)に到達しているという説明を、建設会社(若築建設)から受けていたので、それを前提にヒビ割れだとか、その他の問題については対応をきちっとやってきたという認識でありました

ーー対応は適切だった?

JR九州 青柳社長:
適切とは...結果としては適切だとは言えないと思います

ーー「JRブランド」として信用して買っている方も多いと思うが?

JR九州 青柳社長:
われわれも建設にあたっては、建設会社の選定等はきちんとやってきた。建設会社がこういうことを犯していることはまず考えていなかった

3つの補償案を提示されるも…「難しい」

7月26日午後、福岡市東区の「ベルヴィ香椎六番館」に販売会社3社の幹部が訪れ、住民に説明会を開いた。
マンション販売会社側が、住民に補償案を提示したのだ。

この日の説明会では、今後の対応について3つの補償案が提示された。

1つは地盤を改良して、長さが不足している杭を補強する案。
もう1つは、所有者の5分の4の同意を得たうえでマンションを建て替えるという案。
いずれの工事も約1年10カ月かかり、費用は販売会社が3社で分担する。

このほか、住民が購入した金額で買い取る案も示されていて、住民は8月30日の総会で意見をまとめることにしている。

住民の1人は、「今からは個人のことに直結しますから、結構難しい」と語った。

(テレビ西日本)