群馬県伊勢崎市で、去年3月、暴力団同士が乱闘となり、拳銃が発砲されるなどして、ケガ人が出た事件で、先月28日、暴力団幹部の男が逮捕された。その後の調べで、乱闘のキッカケが、「キャバクラ店の引き抜き」をめぐるトラブルとみられることが分かった。

逮捕された幹部 警察車両で大暴れ

逮捕されたのは、指定暴力団・稲川会系幹部の上原淳容疑者(54)。逮捕翌日の先月29日、送検された際、警察車両の後部座席の真ん中に座る上原容疑者。カメラをにらみつけて、大声をあげ、座席を足蹴りして、両サイドの警察官に制止される場面も見られた。

警察車両の中で、上原淳容疑者(54)は、座先を蹴って、警察官に制止される場面も(29日 伊勢崎署)
警察車両の中で、上原淳容疑者(54)は、座先を蹴って、警察官に制止される場面も(29日 伊勢崎署)
この記事の画像(20枚)

上原容疑者は、去年3月4日午前3時半ごろ、伊勢崎市本町の路上で、特定抗争指定暴力団・山口組系の組長(50)と組関係者(28)に向けて、拳銃を数発、発砲するなどした疑いがもたれている。

110番通報を受けて、警察官が現場に駆け付けたが、金属バットや血痕、割れた車の窓ガラスなどが散乱しているだけで、双方の組員らは立ち去った後だった。未明の繁華街で発生した乱闘・発砲事件とは言え、現場は駅の近く。商業施設や複数の学校も点在するエリアだ。

延べ5万8000人を投入した”執念の捜査”

発生直後、群馬県警は、拳銃で撃たれた組長の男ら2人が、太田市の病院で治療を受けていることを察知。この病院では、乱闘の際に、車で轢かれた別の関係者も治療を受けていたという。拳銃や金属バットだけではなく、車でも、”ひき殺そう”とした可能性がある。

暴力団同士の銃撃・乱闘事件が起きた現場(去年3月4日 群馬・伊勢崎市)
暴力団同士の銃撃・乱闘事件が起きた現場(去年3月4日 群馬・伊勢崎市)
現場には、金属バットや脱ぎ捨てられた靴などが散乱していた。
現場には、金属バットや脱ぎ捨てられた靴などが散乱していた。

事態を重く見た県警は、刑事部長をトップとする捜査本部を設置。今年2月、捜査線上に浮上していた上原容疑者を、別の銃刀法違反事件で逮捕した。容疑は拳銃の単純所持。この拳銃が、発砲事件で使われたものかどうかは分かっていない。

翌3月に、上原容疑者は、処分保留で釈放されたが、県警は、周辺の防犯カメラや、ドライブレコーダーの映像解析、関係者の事情聴取を重ねた。延べ5万8000人の捜査員を投入した”執念”の捜査の結果、上原容疑者が、発砲事件に関与した疑いが強まったという。

キッカケは「キャバクラの引き抜き」か

県警は、先月28日、上原容疑者を、前橋市内の立ち回り先で、逮捕した。容疑は、殺人未遂と銃刀法違反。今回の銃刀法は、拳銃の”発射”容疑だ。県警は、当初から、双方の組による対立抗争ではなく、「もめ事」がキッカケで、乱闘・発砲に至ったとの”見立て”で捜査を進めてきた。

その後の調べで、その「もめ事」が、「キャバクラ店の引き抜き」をめぐるトラブルとみられることが明らかになったという。捜査関係者によると、乱闘に関わった組の関係者が、あるキャバクラ店の女性従業員を引き抜こうとしたとのこと。

群馬県警は、上原容疑者を、殺人未遂と銃刀法違反(発射)容疑で逮捕した
群馬県警は、上原容疑者を、殺人未遂と銃刀法違反(発射)容疑で逮捕した

ところが、その店には、別の組の関係者の息がかかっていて、トラブルに発展。双方の間で、話し合いの機会が持たれたものの、結局、決裂し、乱闘になったとみられている。その挙げ句に、拳銃まで発砲されたというのだ。

稲川会系、山口組系が、組織として、どこまで”引き抜き”トラブルに関わっていたのかは分かっていないが、幹部が発砲し、組長が撃たれる事態となったのだった。県警は、今月2日、共犯の21歳の男を新たに逮捕。乱闘・発砲に関わった他の組員らについても追及する方針だ。

記事 1237 社会部

今、起きている事件、事故から社会問題まで、幅広い分野に渡って、正確かつ分かりやすく、時に深く掘り下げ、読者に伝えることをモットーとしております。
事件、事故、裁判から、医療、年金、運輸・交通・国土、教育、科学、宇宙、災害・防災など、幅広い分野をフォロー。天皇陛下など皇室の動向、都政から首都圏自治体の行政も担当。社会問題、調査報道については、分野の垣根を越えて取材に取り組んでいます。